8月19日はバイクの日。制定された日とその理由とは?

ども、RYUKYU RIDERです。

8月19日はバイクの日です。
先日、こんなツイートをしました。

この日はライダーにとって特別な日ですね。

8月19日は国がバイクのために正式に制定した日ですから嬉しい限りです。
そんなバイクの日ですが、どんな風にして制定されたのでしょうか。

少し気になったので調べてみました。
今回はバイクの日について解説していきます。

バイクの日とは何だ?

バイクの日とはどんな日?

バイクの日とは、総務庁交通対策本部が1989年(平成元年)に制定したもので、8月19日の「バ(8)イ(1)ク(9)」という数字の語呂合わせからできたものらしいです。

つまり、ダジャレから制定された日というわけですね(笑)

バイクの日を制定した理由

バイクの日を制定した理由は、バイクの交通事故撲滅のためだそうです。

この日は、全国自治体の交通安全対策室や地元警察では、二輪車の安全運転講習会等を展開していたり、都内各地では「バイクのスマイル・オン」という名で、有名レーサーやタレントなどがバイクについていろいろ語るイベントがあるそうです。

つまり、バイクの日とは、バイクを安全運転で楽しみましょう、っていう日だということですね(いい日だ)。

バイクの日にツーリングしてきた

さて、そんなバイクの日ですが。

沖縄の天気は晴天、なので当然ながらツーリングをしてきました。朝早くから隼を引っ張りだし、いざ沖縄北部までツーリング。途中、たくさんのバイクを見かけました。いや〜、皆のペースが速いのなんのって(汗)

「狭い沖縄、そんなに急いでどこ行くの?」

と思ったほど、ブォンブォン鳴らして疾走していました。

とはいえ、バイクがたくさん走っている姿をみるのは、テンション上がりますね。個人的には楽しい1日となりました。

来年のバイクの日も楽しみです。
今度は複数でツーリングしてみようかと思います。

今回のツーリングでモトブログも収録しました。

動画では何も語らず、ただ走っているだけの動画ですけど、沖縄の西海岸から東海岸を走った模様を撮影しております。

よかったらご視聴をば。