バイクに個性があるってホント?バイクの個性を引き出す3つの方法

バイクに個性 雑学

バイクって同じ形をしていますけど、それぞれ個性がありますよね。
例えば、同じバイクで同じ年式だったとしてもその個性はまったくちがいます。

先日、こんなツイートをしました。

自分のバイクではないバイクに乗ったことがあります。
そのバイクは同じ隼で同じ年式、そして走行距離も同じくらいの隼だったのですが、全くちがう印象を受けました。

バイクにも個性があると感じた瞬間です。

そんなわけで今回は、バイクの個性について少し語っていこうと思います。

バイクの個性とは

バイクの個性ってどんなものをいうのでしょうか。

厳密にコレという定義があるわけではありませんが、言うなれば乗り手のクセが宿ったバイクということになります。

例えば、足回りのクセ、タイヤのクセ、サスペンションのしなやかさやアクセルワーク、エンジンのかけ方など、他のバイクとは何かがちがうバイクです。

キックスタートのSR400なんかは、その個性が如実にでるバイクですよね。
乗り手はキックですぐにエンジンをかけられるけど、他の人になればエンジンをかけられなかったり、それがたとえプロの整備士だとしてもエンジンをかけることができないということはよく聞く話です。

バイクの個性は、バイクを知り尽くした、というか長年付き合うなかで乗り手であるオーナーとともに成長した結果であり、それが世界に一つしかないバイクとなって個性という形であらわれるのでしょう。

バイクの個性をつくりだす3つのこと

バイクの個性は狙ってつくれるものではありませんが、個人的には次の3つで作り上げられていると思います。

  1. 日ごろのメンテナンス
  2. カスタムの度合い
  3. オーナーの乗り方

これら3つが掛け算となって、世界に一つだけのバイクに仕上がる。なんとも不思議な話ですが、しかし世の中にはそうした個性が現れているバイクが結構あります。

バイクは一種の乗り物であり単なる工業製品なのですが、乗り手によって変化していくことは紛れもない事実だと感じます。

まとめ

バイクの個性についてまとめます。

バイクの個性ってライダーといっしょに成長した結果です。
それはなんとなくできあがるものでありつつも、オーナーにしかだせない世界で唯一のものです。

つまり、日ごろのバイクに対する愛情が個性という形になってあらわれているのだと思います。

私の所有している「GSX1300R隼」もそんな個性をだせていけたらいいなと思う今日この頃です。

今回は以上です。