程度の良い中古バイクを探す方法

いい中古バイクを見つけるには信頼あるサイトで検索

前回、「隼(GSX1300R)を中古で買うときに確認すべき6つのポイント」の記事を書いた。

バイクを中古で買う場合、地元で発行されている掲載誌などをチェックすることもあるが、今やネットで購入する人も増えている。

少しでも安いバイクを買いたいからヤフオクなんかで探す人もいるが、個人的にはグーバイク(GooBike)をお勧めしたい。理由は、バイクショップが販売しているバイクだけを掲載しているし、第三者の視点でバイクも評価しているからだ。

つまり、グーバイク(GooBike)は何かと信頼性が高いということ。

そこで今回は、グーバイク(GooBike)を使って、中古のバイクを探す方法を紹介しよう。

グーバイク(GooBike)とは何か

グーバイク(GooBike)のバイク情報サイト

念のためグーバイク(GooBike)を説明すると、グーバイク(GooBike)とは、バイク掲載台数が日本最大であるバイク情報サイトだ。全国にある新車から中古バイクを一括で検索してくれる。つまり、アクセスしてバイク名を検索すれば、欲しいバイクが簡単に見つかるというわけだ。

SPONSORED LINK

グーバイクはこちら

グーバイク(GooBike)の使い方

グーバイク(GooBike)は使い方を説明するほど操作は難しくはない。だけど、一応説明はしておこう。

まず初めに、Googleにて「グーバイク」と検索してみる。または「○○○(好きなバイク名) グーバイク」で検索してもOKだ。

すると以下のように、グーバイク(GooBike)のタイトルが表示される。で、欲しいバイクのメーカー名をクリックするとバイク一覧にたどり着く。

実際にやってみる。今回はメーカー名を「スズキ」にしてみた。

グーバイク(GooBike)で中古車を探す。

メーカー名をクリックしたら次に、バイクの排気量を絞り、バイク名の名前を選択する。

今回はスズキ車の「GSX-R1000」を検索してみようと思う。なので、排気量は「401cc以上」で、バイク名はアルファベットの「G」を選択。

グーバイクでバイクを検索する。

するとバイクの画像がたくさん出てくるので、欲しいバイクの画像をクリックする。今回は先にも述べた通り「GSX-R1000」をクリックする。

グーバイクでGSX1000rを検索する。

クリックすると、都道府県のページに移動するので、検索したい都道府県名にチェックを入れる。今回は、沖縄、九州、四国地方を選んでみた。

選択したら「チェックした地域でバイクを探す」をクリックする。

グーバイクでバイク販売者の県名を検索する。

すると、以下のようにバイクの一覧が表示される。

さらに細かい絞り込みが必要な場合は、ページトップにある項目(赤枠内)より絞り込みを行うといい。

グーバイクで細かく検索をかける。

ここでは、値段はもちろんのこと、色や年式、走行距離、修復歴の有無などを細かく絞り込むことが可能だ。あとは予算に合わせてバイクを選ぶといいだろう。

グーバイク(GooBike)の使い方はこれで以上だ。ほらね、とても簡単でしょ。グーバイク(GooBike)でバイクを探せば、あなたの欲しいバイクがきっと見つかると思う。

グーバイク(GooBike)で良い中古バイクを見つける3つの方法

さて、ここからはグーバイク(GooBike)の中で、良い中古バイクを見つける方法を伝授する。

鑑定書があるバイクを選べ

グーバイク(GooBike)では、プロの鑑定士がバイクを隅々までみてくれて、その上で評価した鑑定書がある。もちろん、この鑑定書が全てではないが、しかし良い中古バイクかどうかの判断基準にはなる。なので、鑑定書がある中古バイクを選ぶようにしよう。

なお、グーバイク(GooBike)の鑑定書の有無は、バイク詳細画面の中で以下のように表示されている。

グーバイク(GooBike)の鑑定書。

この鑑定書は、バイクの評価を5つ星で表しているので、それを見て判断するといいだろう。当然だが、星5つ全てついている方が良い中古バイクということになる。

写真撮影が詳細にあるバイクを選べ

次に、写真がちゃんと撮られているバイクを選ぶようにしよう。

バイクの細かい部分まで撮影されているバイクは、品質に自信がある証拠だ。なので、そういうバイクを選ぶようにすることをお勧めする。

例えば、カウル付きのSSバイクなのに、わざわざカウルを外して撮影されているなんて、そりゃバイクの品質に自信がないとできない。

グーバイクで詳細の写真撮影しているバイク屋は良い中古車がある。

そんな手間暇かけて撮影するってことは、バイクの品質だけじゃなく、バイク屋さんの意気込みも違うと思う。そんなバイク屋は、客対応も良いし、アフターサービスも良いのではないだろうか。

詳細に写真撮影されているバイクには品質が良いということを覚えておこう。

直接聞く

グーバイク(GooBike)というネット検索サイトを使っておいてなんだけど、最終的にはアナログ的な方が一番良い。つまり、直接聞くということだ。

もしも、欲しいバイクが地元にあれば、直接出向いて話を聞いたり、バイクに跨ったりすると良い。しかし、欲しいバイクが地元にない場合は、直接電話することだ。そして、電話での対応で直感的に「いいな」って思ったバイク屋さんを選ぶといいだろう。

逆に、「なんか素っ気ないなあ」とか「馬が合わないな」みたいな、何となく直感的に抵抗あると思ったのなら、やめておいた方が無難だ。

なぜなら、実際にバイクも見れないし、跨ぐこともできないし、その上、お店の人もどんな人か知らない。その分、もう勘に頼るしかないわけだ。しかし、その勘も何かしら抵抗しているなら、いくら欲しいバイクがあったとしても見送った方がいいだろう。

まとめ

以上が、グーバイク(GooBike)の使い方とグーバイク(GooBike)で良い中古バイクの探し方だ。

中古バイクのバイクといえど、高額な買い物になる。また、バイクという特別な乗り物は、手間暇かけてでも探した方が良いと個人的には思う。

今や、バイクを全国から通販できる時代だし、欲しいバイクは根気よく探せば見つかるので、焦らずに探していこう。

なお、もし、今乗っているバイクを売ってから買い換えるというなら、「バイクの下取り価格よりも高く売る方法」こちらの記事は一読しておいた方がいい。バイクを高く売る方法は、知っておいて損はしない情報だ。