GSX-R1000のカラーリングまとめ

雑学

以前、隼(GSX1300R)のカラーリングという記事をまとめました。
この記事はなかなか好評のようで多くの方に見てもらっています。

GSXという名のつくバイクは他にもあります。
なので、このブログでは隼以外のGSXのカラーリングをまとめてみようと思います。

というわけで今回は「GSX-R1000」のカラーリングまとめです。

なお、ソースはいつも通り MotoMap からの引用です。

2005年 GSX-R1000のデザイン

2005年のGSX-R1000のデザインは、スズキのスタンダードな青/白を含め、2色とスペシャルカラー(ブラックエディション)の限定モデルが起用されました。スペシャルカラーは4段目の黒い方です。

2005年のGSX-R1000です。青/白です。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2005/mdl_gsxr1000_c.html
2005年のGSX-R1000です。黄色です。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2005/mdl_gsxr1000_c.html
2005年のGSX-R1000です。メタリックの黒です。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2005/mdl_gsxr1000_c.html
2005年のGSX-R1000です。スペシャルカラーのブラックエディションです。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2005/mdl_gsxr1000_c.html

2006年 GSX-R1000のデザイン

2006年のGSX-R1000のデザインには、赤とグレーが起用されました。また、2005年同様、限定カラーであるブラックエディションもあります。

なお、ブラックエディションは4段目のものです。

2006年のGSX-R1000です。スタンダードな青/白です。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2006/mdl_gsxr1000_c.html
2006年のGSX-R1000です。グレーが起用されました。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2006/mdl_gsxr1000_c.html
2006年のGSX-R1000です。この年から赤が起用されました。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2006/mdl_gsxr1000_c.html
2006年のGSX-R1000です。2005年同様、ブラックエディションが販売されました。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2006/mdl_gsxr1000_c.html

2007年 GSX-R1000のデザイン

2007年のGSX-R1000のデザインは3色です。

この年はヘッドライトのデザインも一新し、また油圧クラッチが採用された年でした。

私はGSX-R1000の中では、この2007年式が一番好きですね。

2007年のGSX-R1000です。スズキのスタンダードな色は健在です。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2007/mdl_gsxr1000_c.html
2007年のGSX-R1000です。この年にも黄色のデザインが起用されました。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2007/mdl_gsxr1000_c.html
2007年のGSX-R1000です。オレンジの色が採用されました。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2007/mdl_gsxr1000_c.html

2008年 GSX-R1000のデザイン

2008年のGSX-R1000はゴールドが起用されました。

これまでのGSX-R1000にはなかった色で斬新さがありますね。個人的にはかっこいい色だと思います。

2008年のGSX-R1000です。いつも通りの青/白が採用されました。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2008/mdl_gsxr1000_c.html
2008年のGSX-R1000です。ゴールドとブラックのツートンが起用されました。かなりかっこいい。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2008/mdl_gsxr1000_c.html
2008年のGSX-R1000です。全身真っ黒でこれまた渋いです。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2008/mdl_gsxr1000_c.html
2008年のGSX-R1000です。個人的には一番好きな色です。ホワイトのGSX
ですが、上品さがありますね。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2008/mdl_gsxr1000_c.html

2009年 GSX-R1000のデザイン

2009年のGSX-R1000は2008年同様、4色のデザインが起用されました。中でもワインレッドのようなダークな赤はとても渋いです。

2009年のGSX-R1000です。スズキカラー青/白が採用されました。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2009/mdl_gsxr1000_c.html
2009年のGSX-R1000です。ブラックの採用です。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2009/mdl_gsxr1000_c.html
2009年のGSX-R1000です。2008年同様、この年もホワイトが起用されました。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2009/mdl_gsxr1000_c.html
2009年のGSX-R1000はこのダークな赤が起用されました。これまでのGSX-R1000にない色ですのでなかなか渋いですね。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2009/mdl_gsxr1000_c.html

2010年 GSX-R1000のデザイン

2010年のGSX-R1000は、少し大人し目のデザインでした。

地味な色ばかりですが、大人のデザインをしていますね。とくに、これまでとは違った青を採用しています。濃いブルーやアクアブルーなど、なかなか個性的な青を使っています。

個人的には濃いブルーの方が好きですね。

2010年のGSX-R1000は、これまでの青/白ではなく、少し地味なデザインが採用されたようです。これは濃いブルーですね。個人的に好きな色です。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2010/mdl_gsxr1000_c.html
2010年のGSX-R1000です。ブラックとシルバーのツートンカラーです。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2010/mdl_gsxr1000_c.html
2010年のGSX-R1000です。ブラックとメタリックアクアブルーです。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2010/mdl_gsxr1000_c.html

2011年 GSX-R1000のデザイン

2011年のGSX-R1000は、2色だけの追加です。

この年にはまたスズキカラーというかスタンダードな青/白が起用されています。それともう1色は2010年と同じ色ですね。

何でしょう、この年はカラーリングが前年と似ているので、やる気がなかったのでしょうか(笑)

とは言え、GSX-R1000を継続販売しているスズキは最高です。

2011年のGSX-R1000です。これまでの青/白が起用されました。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2011/mdl_gsxr1000_c.html
2011年のGSX-R1000です。シルバーとブラックです。2010年と同じカラーですね。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2011/mdl_gsxr1000_c.html

2012年 GSX-R1000のデザイン

2012年のGSX-R1000は、2011年同様、そんなに色のバリエーションを出していません。この年も2色止まりです。

もうネタがなくなったのか、または他の部分に気を取られていたのかは定かではありませんが、色のデザインも前年度と同じような感じです。

2012年のGSX-R1000です。いつも通りの青/白のデザインをしています。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2012/mdl_gsxr1000_c.html
2012年のGSX-R1000です。こちらはブラックに見えますが、艶消しのメタリックシルバーのようです。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2012/mdl_gsxr1000_c.html

2013年 GSX-R1000のデザイン

2013年のGSX-R1000では、これまでのスタンダードな色に加え、GSX-Rシリーズで100万台記念として特別仕様車が登場しました。

この特別仕様車は色合い的にとても不人気だったようで、結構ディスられていましたね(苦笑)。個人的にもあまり好きな色合いではありませんでした。

ちなみに、その特別仕様車のGSX-R1000は3段目のものです。

2013年のGSX-R1000です。いつもの青/白のデザインです。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2013/mdl_gsxr1000_c.html
2013年のGSX-R1000です。ブラックを起用しています。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2013/mdl_gsxr1000_c.html
2013年のGSX-R1000で特別仕様車のバイクです。色合いを気に入っている人が少なく、人気が出なかったようです。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2013/mdl_gsxr1000_c.html

2014年 GSX-R1000のデザイン

2014年のGSX-R1000は2色のデザインがでました。
この年は2013年時と似たようなカラーリングです。

2014年のGSX-R1000です。スタンダードな青と白のデザインです。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2014/mdl_gsxr1000_c.html
2014年のGSX-R1000です。ブラックとグレーのカラーリングです。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2014/mdl_gsxr1000_c.html

2015年 GSX-R1000のデザイン

2015年のGSX-R1000では新たな機能としてABSが追加されました。

それを機にこれまでになかったレプリカカラーを公開(トリトンブルー)。この色はメッチャかっこいいとして、かなり話題になりましたね。

なお、毎年あった青と白の色がこの年では採用されていませんでした。

2015年のGSX-R1000です。レプリカカラー(トリトンブルー)として多くの人気を得ました。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2015/mdl_gsxr1000_c.html
2015年のGSX-R1000です。赤とブラックのツートンカラーです。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2015/mdl_gsxr1000_c.html
2015年のGSX-R1000です。これは3年連続の色ですね。ブラックとシルバーのコンビ。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2015/mdl_gsxr1000_c.html

2016年 GSX-R1000のデザイン

2016年のGSX-R1000では、昨年になかった色の青/白が採用されました。やはり、GSX-R1000はこの色がないといけないような気がします。

また、この年では昨年同様にレプリカカラーも採用されています。やはり、人気があったカラーリングですので、連続での公開でしょう。

2016年のGSX-R1000です。伝統の青と白のツートンカラーです。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2016/mdl_gsxr1000_c.html
2016年のGSX-R1000です。赤とブラックのツートンカラーです。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2016/mdl_gsxr1000_c.html
2016年のGSX-R1000で、レプリカカラー(トリトンブルー)です。人気があったため連続での採用となりました。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2016/mdl_gsxr1000_c.html

2017年 GSX-R1000Rのデザイン

2017年のGSX-R1000は、新たにGSX-R1000Rとして名前が変わりました。バイクの外観がかわったり、電子制御やらが追加されたりと、GSX-Rが進化した年でした。

この年に公開された色は、レプリカカラーとブラックの2色です。

レプリカは3年連続の起用ですが、ブラックは少し新しいデザインになっていますね。ブラックの中に青いラインが入っていて、さりげない青が渋く見えるので好きですね。

2017年のGSX-R1000で、レプリカカラー(トリトンブルー)です。3年連続での採用となりました。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2017/mdl_gsxr1000_c.html
2017年のGSX-R1000で、ブラックに青色のラインを入れたのが渋いです。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2017/mdl_gsxr1000_c.html

2018年 GSX-R1000Rのデザイン

2018年のGSX-R1000Rはレプリカカラーはなく、シックな白と黒が起用されました。

落ち着いた色が大人の雰囲気を醸し出しています。
個人的にはマットブラックの方が渋くて好きですね。

2018年のGSX-R1000で、マットブラックに青色のラインが入ったデザインです。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2018/mdl_gsxr1000_c.html
2018年のGSX-R1000で、白を強調したデザインです。
引用:http://www.motomap.net/lineup/2018/mdl_gsxr1000_c.html

隼の色を一覧にまとめてみた

2018年3月27日

まとめ

さて、GSX-R1000のカラーリングをまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

GSX-R1000は根強い人気があるため、メーカのスズキも力を入れて開発しているようですね。こんなにもカラーバリエーションがあるので正直おどろきました。

2017年以降では、GSX-R1000の性能がかなり進化したようですが、私は2007年式くらいの方が好きですね。この時の方がバイクらしいバイクという印象があるので、中年の私にはあっている気がします。

とは言え、新しいGSX-R1000Rも気になるところです。

この記事がこれからGSX-R1000に乗る方の参考になれば幸いです。