隼のレバーを社外品に交換した理由と交換手順を紹介

GSX1300R 隼

隼のレバー(ブレーキとクラッチ)を社外品に交換しました。

いつものように自分で交換したのですが、今回はただの見せかけではなく明確な目的がありました。

というわけで、隼のレバーを社外品にした理由とその交換手順を紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

隼のレバーを社外品にした理由

隼のブレーキレバーとクラッチレバーを社外品に交換した理由は、破損防止のためです。

例えば、隼で立ちゴケしてしまった場合、純正レバーだと走行不能になるほどの大きなダメージを受けます。

大きなダメージとはレバーが曲がるか、または折れてしまうということです。

もし、クラッチレバーが折れればクラッチをきることができません。逆に、ブレーキレバーが折れれば、フロントブレーキを使うことができません。

いずれにせよ、走行不可能な状態に陥ります。
ですので、クラッチまたはブレーキレバーは純正ではなく社外品がいいのです。

なぜ、社外品がいいのか。

それは、社外品のレバーであれば、レバー部分が可動式になっているため折れる心配がないからです。つまり、仮に立ちゴケした場合もレバーの先が可動してくれるので、破損を防いでくれるのです。

レバーは機能的になにかが向上するパーツではありませんが、走行に関わる重要なパーツですので、カスタムは考えるべきところでしょう。

隼のマフラーをヨシムラ スリップオンに交換した話【マフラー交換】

2018年5月8日

交換したレバーは「Dimotiv」のレバー

隼のレバーをDimotivのレバーを交換しました。
引用:http://www.dmv-jp.com/new2013/parts/parts_01.html

今回、交換した社外品のレバーは「Dimotiv」のレバーです。

Dimotivとは、欧州を中心に輸出展開している台湾のオリジナルパーツメーカーで、BMWやDUCATI、HONDA、KAWASAKI、SUZUKI、YAMAHAなど、日本国内メーカーの商品も開発している会社です。

Dimotivには、レバー以外にも数々のバイクパーツがあります。

隼のレバーをDimotivのレバーに交換しました。この画像はDimotivのサイトの紹介です。
Dimotivのサイト1(引用:http://www.dmv-jp.com/new2013/car/suzuki/gsx-r1300-0814.html
Dimotivのサイト紹介です。
Dimotivのサイト2(引用:http://www.dmv-jp.com/new2013/car/suzuki/gsx-r1300-0814.html

海外のメーカーですが、ものはしっかりとしています。
アルミ製で丈夫にできたレバーです。

隼のレバーを社外レバーに交換する手順

隼のブレーキレバーを取り外す。

ここからは、隼のレバーを交換する手順を紹介しましょう。

隼のレバーを交換する手順は簡単です。

まず、レバーを留めているボルトを外します。前期型の隼の場合は、上がマイナスのボルト、下が10mmのナットで留められている為、それを外します。

使う道具は、マイナスドライバー10mmのレンチです。

レバーが外れたら、あとは逆の手順で取り付けます。

隼のクラッチレバーを取り外し、Dimotivクラッチレバーを取り付ける。

ただ、ひとつだけ注意です。
それは取り付ける前にグリースを塗ることです。

レバーにグリースを塗らないうとレバーの動きが渋くなりますし、サビも発生するかもしれません。ですので、取り付ける前は必ずグリースを塗るようにしましょう。

ちなみに、グリースはなんでも結構です。よくホームセンターに売っている安いもの(万能グリス)でも大丈夫です。ただ、こだわりがあるならワコーズのグリースがお勧めです。
↓↓

ワコーズ SSG スーパーシリコーングリース

酸化安定性・耐水性・耐候性などの効果があるので、やはり他のグリスとは質が違います。なので、余裕があるならワコーズのグリスも検討してみてください。

というわけで、今回は以上です。

SPONSORED LINK