沖縄本部町にある石窯ピザ「花人逢」に行ってみた

沖縄ピザ

ども、Ryukyu Rider です。

今日は日曜日。沖縄の天気は晴れ。相棒の隼(GSX1300R)を引っ張り出して沖縄北部をツーリングしてきました。そのついでに立ちよった古民家風のカフェ。そこでは手作りピザを提供していました。そこのピザがとても美味かったので今回は、沖縄北部にある古民家風カフェを紹介しようと思います。

本格ピザが食べれる石窯ピザ喫茶「花人逢」の紹介

隼のツーリング最中、休憩がてら立ち寄ったのが石窯ピザ喫茶「花人逢」です。

ここは沖縄本部町にある古民家風のカフェでして、観光客にも人気のあるお店。いつも人がいっぱいで並ばないと入れないくらいです。

バイクを駐車場に停めてお店に向かうと入口には木で作られた大きな看板がありました。これには、ピザ喫茶「花人逢」と書かれており、営業時間も記されています。どうやら火曜日と水曜日は定休日のようです。

花人逢の入り口
花人逢の入口

花人逢では待っている間にお庭を散策できます。お庭にはいろんな形のしたシーサーがありました。

花人逢は古民家風のカフェです。石窯ピザが美味しい!
花人逢の庭から見た古民家風のお店
花人逢の入り口にあるシーサー。
花人逢の庭にあるシーサー。
花人逢の庭にある独特のシーサー。

個性あふれるシーサーですよね。

ちなみにシーサーとは沖縄の守り神のことをいいます。主に屋根の上や門柱に祀られてあるのですが、最近はオブジェのような感覚で飾られることもあります。

石窯ピザ喫茶「花人逢」のピザを食べる

さて、しばらくして店員に呼ばれました。僕は花人逢の店内に入りました。

花人逢のメニューはとてもシンプルです。というか、食べ物といえば、

  • ピザ
  • サラダ
  • ぜんざい

くらいしかありません(笑)

僕は当然ですがピザを注文しました。

ピザには(小)と(中)の2つがあり、例えば(小)は1人〜2人用で(中)は3人〜4人用らしいです。僕は、たくさんピザを食べたかったので(中)の方を頼みました。

15分くらいすると、アツアツのピザが目の前にやってきました。

隼でツーリング後、花人逢でピザを食べた。
花人逢の石釜ピザ(中)

いかがでしょうか。美味そうでしょ。

このできたてのピザは湯気が立ちのぼっていて、その湯気からチーズの香りがして食欲がそそられました。

それにこの見た目。ボリューミーであり(サイズが中だから当たり前)、いかにもピザって感じ。

例えば、こんがり焼けた生地にとろとろのチーズ。ピザの具はピーマンとサラミ、そしてトウモロコシというシンプルな設定です。これはピザの味に自信があるという証拠なのでしょうね。

さて、そんなピザを一口ほうばってみました。

僕の口から出てくる言葉は「美味い」しかありません。それ以外の言葉がでないのは、僕の食レポがヘタというよりは思わず口に出してしまう率直な感想だからです。多分、花人逢のピザを食べれば誰でも同じように表現すると思います。

僕はこの3〜4人前のピザをペロリと食べました(笑)。飽きのこないピザですから、最後まで美味しくいただけました。

もし、沖縄北部でピザが食べたくなったら、この花人逢はおすすめです。もちろん、ピザが好きな方なら一度は行ってみた方がいい場所ですね。

さてさて、花人逢の情報は以下からどうぞ。

ピザ喫茶 花人逢の詳細情報

【店 名】ピザ喫茶 花人逢
【住 所】沖縄県国頭郡本部町山里1153−2
【定休日】火曜、水曜日
【営業時間】日没まで
【電 話】0980-47-5537
【URL】公式サイト

なお、今回のツーリング模様をモトブログでも紹介しています。お時間がある方は以下の動画でもご視聴をば。

というわけで今回は以上です。