沖縄本部町の石窯ピザ喫茶「花人逢」

沖縄の古民家風カフェでイタリアン

今日は日曜日、沖縄の天気は晴れ。

相棒の隼(GSX1300R)を引っ張り出して沖縄北部をツーリング。そのついでに、本部町にある「花人逢」にて本格的な石窯ピザを堪能してきた。

今回は、隼でツーリングがてらいってきた「花人逢」を紹介しよう。

石窯ピザ喫茶「花人逢」を紹介

「花人逢」は、沖縄本部町にある古民家風のカフェで石窯ピザを提供しているお店。お店の情報は以下の通りだ。

ピザ喫茶 花人逢の詳細情報

【店 名】ピザ喫茶 花人逢
【住 所】沖縄県国頭郡本部町山里1153−2
【定休日】火曜、水曜日
【営業時間】日没まで
【電 話】0980-47-5537
【URL】公式サイト

次は「花人逢」の外観や庭を紹介しよう。

花人逢の入り口

花人逢の入り口には大きな看板が掲げてある。看板には店名や営業時間、休日などが書かれているが、草で覆われているので少し見えにくい(苦笑)。

その看板の横にある入り口を通り抜けると古民家風の建物が現れる。

花人逢は古民家風のカフェです。石窯ピザが美味しい!

花人逢は沖縄の赤瓦を使用した古民家風の建物。沖縄の昔ながらの琉球家屋(リューキューヤー)を改装したようで、なかなか風情があっていい所だ。沖縄好きにはたまらない空間かもしれない。

さて、そんな店内の庭には、個性溢れるシーサーがいくつもあった。

花人逢の入り口にあるシーサー。

花人逢の庭にあるシーサー。

花人逢の庭にある独特のシーサー。

シーサーは、沖縄では家の守り神として置くことが多く、花人逢にもたくさん飾ってあった。

花人逢のメニュー

花人逢のメニューはいたってシンプル。いわゆる石窯ピザしかない(笑)。まぁ、前菜のサラダはあるけれど、メインはピザ一択だ。そのピザには2つあり、

  • ピザ(小)1人用〜2人用
  • ピザ(中)3人用〜4人用

となる。

正直、花人逢のピザは美味いとよく聞くので、私的には2人で訪れたとしてもピザ(中)がいいと思う。

SPONSORED LINK

石窯ピザ(中)を注文

隼でツーリング後、花人逢でピザを食べた。

さて、花人逢の石釜ピザを注文。もちろん(中)の方を注文した。店内は混んでいて、ピザが出てくるのに少し時間がかかったけど、しばらくして熱々のピザが目の前にあらわれた。

花人逢でピザと一緒にアイスコーヒーを注文。

なぜか、ピザにアイスコーヒーを注文(笑)。で、熱々のピザを一口食べたみた。感想はというと…「ヤバいくらいに美味い!」。

花人逢のピザはチーズがたっぷりで、できたてのアツアツがだされる。生地もモチモチしていて繰り返して食べても飽きがこない。ピザの具はソーセージやピーマン、コーンというスタンダードなものばかりだけど、そのシンプルさが余計に美味しさを引き立てている感じ。

ひと切れ食べても、また次のピザが欲しくなるほど、花人逢の石釜ピザは美味い。

帰り道

さて、花人逢でピザを食べたあとは、隼にまたがって、ゆっくりと南下して帰った。途中、海が太陽の光でキラキラしていたので、ちょっと寄り道して写真撮影。モデルは隼Jr.だ。

なかなかいい感じで撮れたと思う。

隼と海とキラキラ。

なお、今回のツーリング模様をモトブログでも紹介している。お時間がある方はご視聴を。