沖縄で自賠責保険を加入する方法【バイク車検】

ども、RYUKYU RIDERです。

GSX1300R隼の車検が近づいてきました。

今回はユーザー車検にチャレンジしてみようと思います。
なので、自分でいろいろと準備をしなければいけません。

まずは自賠責保険の加入からですね。
今回はこれも自分でやります。

そもそも自賠責保険とは何か

自賠責保険は別名「強制保険」ともよばれ、車両(車やバイク)の所有者には加入が義務付けられている保険です。もし、加入していなかったら車検には通りませんし、もちろん一般行動も走れません。ですので、絶対に加入は必要です。

しかし、自賠責保険ってうっかり忘れる人いますよね。

例えば、バイクの車検をバイク屋さんに預ければ、諸々の手続きをすべておこなってくれるので忘れるってことはありませんが、原付や小型バイクなどのような車検がないバイクは、うっかりってこともあるでしょう。

もし、自賠責保険を忘れてしまって一般道を走ってしまった場合、どうなるでしょうか。

自賠責保険が切れたまま一般道を走ったらどんな罰則になるのか?

自賠責保険が切れたまま一般道を走ったら、以下のような罰則があります。

自賠責保険(共済)に未加入で運行した場合は1年以下の懲役または50万円以下の罰金、自賠責保険(共済)の証明書を所持していなかっただけでも30万円以下の罰金が科せられます。 また無保険での運転は交通違反となり違反点数6点が付され、即座に免許停止処分となります。

引用:国土交通省

なかなか重い罰則です。
ですので、自賠責保険の期限切れには十分に注意しましょう。

自賠責保険の加入に必要な書類

自賠責保険の加入に必要な書類は、古い自賠責保険証だけです。

この古い自賠責保険証をもとに現住所やその他の情報が記載され、新しい自賠責保険証が作成されます。

作成にかかる時間はわずか15分程度。
金額は2年間の自賠責保険の加入なので「5,310円」ほどになります(大型バイクの場合)。

沖縄で自賠責保険が加入できる場所

さて、自分でバイク車検を入れるとき(ユーザー車検)、または、うっかり自賠責保険を忘れた場合、自らが加入しないといけません。

では、どこで自賠責保険の加入をすればいいのでしょうか。

一部のバイク(原付、250cc以下のバイク)はインターネットでの加入が可能です。また、コンビニでも自賠責保険を加入できます。

しかし、250cc以上のバイク、例えば、GSX1300R隼のような大型バイクの場合、インターネットやコンビニでの自賠責保険の加入はできません。車検が必要なバイクはちょっと面倒臭いようです。

そこで調べてみました。

その結果、250cc以上のバイクや大型バイクの自賠責保険の加入は、ディーラーや損害保険会社で加入できるということがわかりました。ただ、加入できる店舗は自動車損害賠償責任保険代理店委託契約を締結している代理店のみとなるようです。なので、事前の電話確認は必要でしょう。

いや〜、マジで面倒臭い(笑)

そう思ったので ライコランド沖縄 で自賠責保険の加入ができないか聞いてみました。

ライコランド沖縄で自賠責保険を加入してきた

沖縄でバイクのユーザー車検を受けるために自賠責保険を加入してきた。

結論は、ライコランド沖縄さん で自賠責保険の加入ができました。

そうです。
大型バイクはライコランド沖縄さんで自賠責保険の加入ができます。

そんなわけで自賠責保険の加入は終了。

あとはユーザー車検を受けるだけですね。

補足:自賠責保険は陸運事務所でも加入できます。

まとめ

さて今回は、自賠責保険の加入について記事を書きました。

自分で自賠責保険の加入をするには、加入できる店舗を探さないといけなかったわけですが、意外にもライコランド沖縄さんで加入することができました。

いや、マジで便利ですよライコランド沖縄さん。
ホントありがたいですね。

もし、自賠責保険の加入をうっかり忘れてしまった沖縄のライダーは是非、ライコランド沖縄さんで加入してはいかがでしょうか。

なお、以下の動画は僕の隼のユーザー車検をしている動画です。

沖縄でバイクのユーザー車検を受ける際の参考になれば幸いです。