革ジャンのメンテナンス方法を徹底解説【初心者必見】

革ジャンはバイク乗りにとって欠かせないウエアです。
その革ジャンはバイク同様、メンテナンスが必要です。

革ジャンのメンテナンスは職人にお願いするのがセオリーですが、僕は自分でメンテナンスをしております。

今回は僕がやっている革ジャンのメンテナンス方法を紹介します。合わせて、革ジャンのメンテナンスに使っている道具と保管方法もお教えしますね。

革ジャンにメンテナンスが必要な理由

革ジャンの手入れのやり方と必要な道具を紹介します。

革ジャンにメンテナンスが必要な理由は、革ジャンの品質保持のためです。

革ジャンの素材である革は牛革、羊革、山羊革、豚革、馬革などのようにもともと生きている素材です。そのため適度な保湿があります。

しかし、その保湿も長い間手入れをしなければ失われ、革がヒビ割れしたり、季節による湿度の変化によってカビが生えたりします。

そうならないためにも革ジャンは適宜なメンテナンスが必要なのです。

革ジャンをメンテナンスする頻度

革ジャンのメンテナンスの必要性について話しましたが、そのメンテナンスはどんな頻度で行えばいいでしょうか。

実は明確な回数は一般的に設定されてはいないのですが、おすすめな頻度は以下の2つがあります。

  1. 革ジャンを着たあとすぐ
  2. 季節の変わり目

例えば、革ジャンを着てバイクでツーリングした後はメンテナンスするといいですね。

理由は、革ジャンを着てバイクに乗るとホコリや汚れがつきますし、たまに鳥の糞や虫の死骸まで付着していることがあるからです。

それらを残したままにすると革ジャンにとってシミになったり色の変色になるかもしれないので、着用後はすぐにメンテナンスするといいでしょう。それが革ジャンをいい状態で保つための最適な付き合い方です。

他には季節の変わり目で革ジャンをメンテナンスするといいです。

革ジャンを着ない季節に引っ張り出して、メンテナンスを行えばカビ防止になります。もちろんたまには日陰干しや日干しなどもいいメンテナンス方法なのでお勧めです。

革ジャンは着用後、または季節の変わり目でメンテナンスをするように心がけましょう。

革ジャンの手入れに必要な道具

革ジャンのメンテナンス方法を教える前に、メンテナンスに使う道具を紹介したいと思います。

用意する道具は以下の3つです。

1, 馬の毛ブラシ

馬の毛ブラシは、革ジャンの汚れを落とすのに必要な道具です。

この馬の毛ブラシは革ジャンの表面についた細かい石や汚れをとってくれます。馬の毛ブラシの特徴は、毛並みが柔らかく抜けなくて丈夫であり、革ジャンを傷めずに綺麗にすることができます。

これを使わないで革ジャンのメンテナンスをする人いますけど、僕は必須アイテムとして使用しています。

Coolli 馬毛ブラシ 靴磨き ブラシ 革物 ブラッシング ホコリ落とし 汚れ落とし 100%天然馬毛 靴用ブラシ レザーケア 革製品のお手入れに最適 携帯 出張用 ホースブラシ

2, 革用のデリケートクリーム

革ジャンを良い状態で保つためにデリケートクリームは必要です。

デリケートクリームを革ジャンに塗ることは、革に栄養を与えることになり、革の質が向上します。さらに革そのものを柔らかくする効果もあるので、革ジャンが着やすくなります。

また、革ジャンのカビ防止にもなるなど、デリケートクリームは革ジャンのメンテナンスに欠かせないアイテムです。

[エム・モゥブレィ] デリケートクリーム 202610 NT ニュートラル 200ml

3, クロス(布)

クロスとは、上で紹介したデリケートクリームを伸ばすのための道具です。

クロスなので普通のタオルでも良いと考えている人もいますけど、ゴワゴワしたタオルでは革ジャンを傷つけてしまうことがあります。クロスは柔らかいのがお勧めなのです。

僕は以下のクロスを使用しています。これは革専用のクロスですので、表面が柔らかく、デリケートクリームも伸ばしやすいのでとても便利ですよ。

[エムモゥブレィ] M.MOWBRAY クロス ポリッシングコットン 9022 (マルチカラーフリー)

さて、これらの道具を揃えたら実際に革ジャンのメンテナンスを行いましょう。

革ジャンのメンテナンス方法

ここから革ジャンのメンテナンス方法を紹介します。

これは僕のやり方なのですが、初心者でもできるシンプルな方法ですので、よかったら参考にしてください。

革ジャンのメンテナンスのやり方は、以下の3つの手順でできます。

ステップ1:馬の毛でブラッシング

馬の毛でブラッシングします。
まず、馬の毛を使います。

まず、馬の毛ブラシで革ジャンの表面を軽くブラッシングします。これは、革ジャンについているホコリや汚れを取るための最初の工程です。革ジャンの表、裏ともに丁寧に行います。

やり方としては、初めは小刻みに行い、徐々に上から下へとゆっくりと流していく感じにします。ムラが出ないように同じ方向でやるといいです。

ステップ2:デリケートクリームを塗る

革ジャンにデリケートクリームを塗ります。
お次はデリケートクリームを塗ります。

馬の毛ブラシでブラッシングが終われば、お次はデリケートクリームを塗ります。

やり方は簡単です。

クロスにデリケートクリームを少量とり、そのまま革ジャンに塗ります。塗ったら丁寧に伸ばしていきます(クリームは何度かつけてもOK)。

満遍なくデリケートクリームを伸ばしたら、次の工程にうつります。

ステップ3:クロスで乾拭きを行う

クロスで乾拭きを行います。
お次はクロスで乾拭きです。

デリケートクリームを塗ったあとはすぐに、クロス(布)の乾いている部分で乾拭きを行います。

革ジャンの全体を満遍なく拭いたら革ジャンのメンテナンスは終了です。

補足:なお、革ジャンのメンテナンスの最終工程で防水スプレーをかける人がいますけど、あれは革ジャンを着る直前にするためのものです。防水スプレーは揮発性がある成分を含んでいるので、革ジャンのメンテナンス時や保管時には適しておりません。防水スプレーは革ジャンを着る前に行いましょう。

動画でやり方を紹介

今回の革ジャンのメンテナンス方法を動画でも解説しております。

よかったらご視聴をば。

今回は以上です。