SR400(YAMAHA) 試乗レビュー【バイクはいいぞぉ】

SR400を試乗レビュー 雑学

GSX1300R隼以外に、いくつか気になるバイクがあります。
SR400というバイクもそのひとつです。

先日、こんなツイートをしました。

そんなわけで今回は、SR400の試乗レビューです。

この記事のテキストで、後半には動画があります。

SR400とはどんなバイクか?

SR400とはYAMAHAが製造しているバイクです。

エンジンは単気筒(ビックシングル)で排気量は400cc。フォルムはバイクらしいバイクをしており、レトロな印象を受けます。

SR400の販売開始は1978年。かれこれ40年以上も製造販売されているバイクであり、現在も新車で手に入れることができます。

途中、排ガス規制に対応できないような雰囲気もありましたが、しかし、そこはYAMAHAさん。技術を駆使してSR400のアイデンティティはそのままに、排ガス規制に対応したSR400を世に送りだしてきました。いやさずがです。

SR400は1978年からほぼ変わってない構造ですので、現在のバイクと比べると機能的に劣っているというのは否めないことなのですが、しかし、バイクはただ速いとか、コーナーを翔とかではなく、乗っていてどれだけ楽しいかというのも乗る理由のひとつだと思います。

その意味でいえばSR400は最適なバイクです。

他とはちがうSR400のたった一つの特徴

SR400の特徴をひとつあげるとすれば、何といってもキックスタートがあります。

現代のバイクがセルスタートの中で、SR400は古式のキックスタートなのです。

これがなんとも楽しい。

ひと昔前のSR400は、キャブ車だったのでエンジンのかかりが少し悪かったのですが、最近のSR400はFI車なので、その辺の問題はクリアしています。

つまり、現在のSR400は一発でエンジンがかけられるのです。
急なエンストになっても安心です。

SR400の不思議な魅力

SR400のフォルムは美しいというか、とてもオシャレです。

なんかスタイリッシュな男子に似合うバイクですし、女子ライダーが乗れば生活に溶け込んだアイテムに見えます。SR400は乗る人によって見え方が変わる、なんとも不思議なバイクです。

SR400の不思議さはエンジンにもあります。

たとえば、SR400のエンジンはビックシングルという独特のエンジンですが、この鼓動がたまらなくいいのです。

率直にいえば、気持ちいいというか、また乗りたくなるというか。なんとも忘れられない感覚を脳の奥に埋め込まれる気がします。

SR400のオーナーが口を揃えて、

  • 売りたくない
  • ずっと持っていたいバイク

というのはなんかわかる気がします。

SR400、マジで気持ちいいバイクです。

SR400オーナーは羨ましい!

SR400というアイデンティティをずっと保ちつづているのは、正直、すごいと思います。そして同時に羨ましい。

なぜなら、SR400のオーナーは、ずっと好きなバイクに乗っていられるからです。

例えば、ずっと乗っていたSR400が故障したとして、それを直そうとしたら今でも部品は調達できますし、もしも年式が古すぎて調達できなかったとしても流用は簡単にできますよね。

仮に修復できないほどの故障になったとしてバイクを乗り換えるにしても、SR400なら新車が手に入ります。

もう、一生バイクはSR400という生き方ができます。

個人的にはそこがとても羨ましいです。

SR400を試乗レビューを動画で

私がSR400を試乗レビューしたときの動画です。
よかったらご視聴をば。

SR400はいいバイクですよ。

というわけで今回は以上です。