GN125(スズキ)を試乗レビュー【バイクはいいぞぉ】

雑学

基本、バイクは好きです。

小型バイクだろうが中型バイクだろうが、排気量の大きさなんて関係なくて、大抵のバイクは好きな方です。

私は大型バイクの「隼(GSX1300R)」に乗っているのですが、小型や中型バイクにも惹かれているライダーです。

「大は小を兼ねる」と言いますけど、しかし、大にはないものを小はもっているというのがバイクの世界です。つまり、大型バイクにはないものが小型バイクにはあるということ。

そんな訳で小型バイクを試乗してみました。
前々から気になっていた「SUZUKI GN125」に乗ってみたのです。

そんなわけで今回は、GN125の試乗レビューを記事にしようと思います。

SUZUKI GN125とはどんなバイク?

GN125とはSUZUKI製のバイクです。
しかし、少し特殊な事情があります。

GN125はOEM製造されたバイク

GN125というバイクは、1980年代までは日本国内生産でしたが、1990年以降は日本国外で製造されるようになりました(→ ウィキペディア(GN125))。

つまり、現在販売されているGN125は全て、国外産だということです。
SUZUKIというロゴは掲げているけれど国外で製造されたバイクなのですね。

では、その国外とはどこをさしているかといえば、中国のことを言っています。そう、GN125は中国産のバイクなのです。

GN125の種類

私の浅はかな知識で申し訳ないのですが、GN125というバイクにはいくつか種類があります。

それをザッと並べてみると以下の通りとなります。

  • GN125
  • GN125H
  • GN125F

このような種類になるようですが、しかし、SUZUKIロゴをうち出していないGN125(豪爵)もあるようですね。

それが、

  • GN125-2F
  • GN125-3
  • GN125-3F

です。

正直、スペックがどう違うのかは私にはわかりませんが、ただキャブ車ではなくFL車になった模様です。

とはいえ、基本馬力は変わっておらず12馬力であるようです。

GN125Hを試乗レビュー

そんなGN125ですが、日本国内でも販売されており、多くの方に愛されております。

かくいう私もGN125が気になっておりまして、今回試乗してみた限りです。

なお、今回試乗したGN125は青色したGN125Hというキャブ車です。

GN125Hを試乗した感想

GN125を試乗した感想です。

GN125Hを試乗した感想ですが、正直、驚きました。
というのは、その乗りやすさや扱いやすさ、レスポンスなど、どれもネガティブな要素がないからです。

つまり、GN125Hというバイク、めちゃくちゃいいバイクなのです。

例えば「車体の大きさ」。
GN125Hは小型バイクの部類に入るのですけど、以外にも小さくなくて乗りやすいと思いました。体が大きい私でも普通に乗れるバイクです。

他には「エンジン」ですね。
GN125Hはわずか12馬力しかないバイクなのですが、極端に遅いというよりは心地いいバイクって感じです。確かに隼と比べると遅いですけど(苦笑)、しかし、ゆったりとトコトコと走らせるなら、GN125Hはうってつけのバイクだと思いましたね。

しかも、その鼓動というか、振動が気持ちいいのなんのって…。風を受けながら自然を感じるバイクです。

あと、「フォルム」もいいですよね。
GN125Hはアメリカンをイメージさせるバイクなのですが、そのレトロな感じはバイク好きにはたまらないデザインとなっています。

いやはや、本当にいいバイクですよGN125Hは。

正直、ここまでとは思いませんでした。

GN125Hを動画でも試乗レビューしてます

さて、今回の記事の内容を動画でも紹介しております。
青いGN125Hを試乗レビューしておりますので、よかったらご視聴をば。