ガソリンの腐り(劣化)対策

ガソリンが腐る原因とその対策について徹底解説。バイクを長期保管するなら必見です。

ども、RYUKYU RIDERです。

バイクを長期保管する際、一番に気を使わないといけないのは何を隠そう「ガソリン」です。

その理由は、ガソリンには品質保持期限があり、それを過ぎると腐るからです。

腐ったガソリンはバイクとってよくありません。腐ったガソリンは燃料タンクに穴を開けたり、エンジンの故障の原因にもなるので、何かしらの対策が必要です。

今回は燃料添加剤をつかったガソリン腐りの対策方法を紹介します。

バイクを長期保管する方にはお勧めの方法です。

ガソリンが腐る(劣化する)ことで起こる2つの弊害とは

ガソリンが腐る、劣化するとどうなる?

そもそもガソリンが腐る(劣化)とどうなるのでしょうか。

ガソリンの腐り(劣化)による弊害は主に2つあります。

まず、ガソリンが腐れば、その性質はドロドロとなり、ガソリンとしての機能を果たさなくなります。当然、そのような状態のガソリンはエンジンにとってよくありませんし、バイクを動かすこともできません。

仮に、腐ったガソリンでエンジンをかけてみようものなら、ドロドロのガソリンがエンジン内で詰まってしまい、バイクを壊してしまうかもしれません。下手したらエンジンをバラして全パーツ交換しなければ直らないほどのダメージを受けるので、腐ったガソリンでのエンジン点火は避けたほうがいいです。

もひとつの弊害は、腐ったガソリンは金属を溶かしてしまうということです。これはガソリンが腐ることで化学変化を起こしてしまい、金属に対し酸化を促してしまうことが原因となります。結果、燃料タンクを錆びさせてしまい、穴をあけてしまうことになります。

以上がガソリンの腐りによる2つの弊害です。

腐ったガソリンはバイクにとって良いことが一つもありません。ガソリンが腐らないよう事前の対策は必要です。

ガソリンが腐る(劣化)する期間は?

ガソリンが腐る(劣化する)期間は、これといった明確な答えはありませんが、世間一般的にはおおよそ「6ヶ月」でガソリンが腐ると言われています。

この期間はガソリンの品質保持期間として定説なようです。しかし、残念ながら確実な数値ではありません。この期間以下でガソリンが腐ることも十分考えられるのです。

というのは、ガソリンは光や保管温度、水分、空気との接触等により、その品質が左右されるからです。ですので、ガソリンは6ヶ月で腐るという数値を期待するよりも、なるべく早めに使いきる方が良いです。

ガソリンを腐らせない、劣化させないシンプルな方法

ガソリンを腐らせない、劣化させない方法はとてもシンプルです。

それは、

「ガソリンを常に循環させること」

これに尽きます。

つまり、燃料タンクに入っているガソリンを使い切り、新しいガソリンを入れて使う、これが大事です。常に循環して新しいガソリンを入れれば、ガソリンが腐ることはありませんし、劣化することもありません。

しかし、何らかの事情でバイクに乗れない、またはバイクを長期保管する場合もあるでしょう。例えば、地域によっては冬に雪が降ってしまいバイクに乗れないってこともあると思います。

このようなやむを得ない場合は、次の燃料添加剤をつかう方法がお勧めです。

燃料添加剤でガソリンの腐れ対策をする

WAKO'Sのフューエルワンでガソリンの腐れを対策する

何らかの理由で長期間バイクに乗れなかったり、季節的な理由でバイクに乗れない場合は、燃料添加剤による対策がおすすめです。

中でも「WAKO’Sのフューエルワン」は最高品です。

燃料添加剤 ワコーズ F-1 フューエルワン

WAKO’Sのフューエルワンには、最高純度のPEA(ポリエーテルアミン)とIVD(インテークバルブデポジット)を組み合わせたことによる燃料の酸化劣化や腐食を抑制する効果があります。これは簡単にいえば、ガソリンの腐りや劣化を防ぎながら燃料タンク内で発生する錆を防ぐ効果があるということ。

まさにバイクの長期保管にはもってこいのケミカルです。

使い方はとても簡単で、ただ燃料タンクに「WAKO’Sのフューエルワン」を入れるだけ。入れる分量は燃料タンクの容量によって変わりますが、大型バイクなら1本入れておけば問題ないでしょう。

WAKO’Sフューエルワンの使用容量

  • 燃料が20ℓ〜60ℓ:1本使用
  • 燃料が20ℓ以下:1%使用

WAKO’Sフューエルワン その他の効果

WAKO’Sのフューエルワンには他にも嬉しい効果があります。

それは、インジェクターに付着したカーボンを除去する効果があるのです。それにより、エンジンフィーリングが良くなり、レスポンスも高まります。

ガソリンの腐れと劣化を防ぎながら、エンジンフィーリングも良くなる添加剤。WAKO’Sのフューエルワンはバイク乗りには使ってほしい添加剤ですね。

まとめ:バイクと長く付き合いたいならガソリン管理をしよう!

バイクと長く付き合いたいなら、ガソリン腐れ対策は必須です。

ガソリンはバイクにとってはエネルギーそのもの。そのエネルギーが腐ってしまってはバイクの性能を発揮できないばかりか、壊してしまう可能性もあります。

そうならないためにもガソリン腐れ対策は必ずおこないましょう。

なお、今回、紹介した燃料添加剤は手軽で簡単にできるガソリン腐れ防止剤です。とくに長期間バイクに乗らない方にはお勧めの方法ですので、よかったら実践してください。

というわけで今回は以上です。

関連記事:GSX1300R 隼の燃費