ガソリンの腐りを対策する方法

ガソリンの劣化や腐りを防ぐ方法 moto is life
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ども、Ryukyu Rider です。

ガソリンが腐る!

というのを聞いたことがあるでしょうか。

別の言い方をすれば「ガソリンが劣化する」ともいいます。いずれにせよ、ガソリンは食べ物のように腐ってしまいます。

ガソリンが腐るとどうなるのか。

ガソリンが腐れれば、当然ですがガソリンとしての機能を果たしません。なので、ほとんど使いものになりません。仮に、それを知らずしてエンジンをかけてしまれば、そのエンジンは壊れてしまうことでしょう。また、腐ったガソリンは金属を溶かしてしまうので、バイクの燃料タンクに穴を空けてしまうかもしれません。

ガソリンの腐りは、バイクにとって少しも良いことはないのです。

しかし、大丈夫。

何にでも対策法はあります。幸いなことに、とても簡単な方法でガソリンの腐りを防ぐことができます。

というわけで今回は、僕がやっているガソリンの腐りを防ぐ方法を紹介しましょう。

ガソリンが腐る原因

ガソリンが腐る主な要因は、ガソリンに含まれる「アルケン」という物質が空気に触れて酸化し、「ギ酸」や「酢酸」に変化してしまうことです。また、揮発成分が抜けてドロドロになることも挙げられます。そして強い悪臭を放ちます。

このような状態になるのは、ガソリンを長い間、放置していることが原因です。つまり、バイクに乗らず、エンジンもかけず、長い期間、放置しているのがいけないということ

ガソリンは常に使って潤滑させなければ使いものにならなくなってしまいます。気をつけましょう。

ガソリンが腐る期間

ガソリンが腐る期間は、正直、確かな情報がありません。アバウトなものばかりですが、目安としては以下の通りとなります。

  • ガソリンが空気に触れていれば3ヶ月で腐りはじめる
  • 空気に触れてないガソリンは1年間ほどで腐りはじめる

バイクの場合、燃料タンク内には空気がありますし、揮発していくので3ヶ月を目安にすると良いでしょう。個人的には長くても半年間、放置するのはアブナイと感じます。

できるだけ、ガソリンは腐らさない方がベターと思います。

ガソリンの腐りを防ぐ2つの方法

さて、ここからは僕が実際にやっている対策法を紹介します。その方法には2つです。

方法1:常にガソリンを潤滑する

1つめの方法は、常にガソリンを潤滑させることです。つまり、定期的にバイクに乗り、ガソリンを使い切るということ。そうすれば新しいガソリンを入れることになりますので、結果、ガソリンは潤滑されます。

仮にバイクに乗れない状況だとしても、5分ほどのアイドリングはやってあげましょう。アイドリングはあまりエンジンに良くないって声もありますが、エンジンをかけずにガソリンを放置する方がよっぽど良くないです。バイクに乗れない日がつづくなら、最低限、アイドリングは必要です。

方法2:燃料添加剤を入れる

ワコーズのフューエルワンを隼に使う。

2つめの方法は、燃料添加剤を使うことです。

中でもお勧めなのが上の写真にある「WAKO’S フユーエルワン」ですね。この燃料添加剤はマジですごいですよ。その効果のほどはというと、

  • エンジン内部のカーボン除去
  • ガソリンの酸化を防止する
  • 燃料タンク内の腐食を守る

などです。

基本、エンジン内部の洗浄にいい添加剤なのですが、補助的効果としてはガソリンの酸化を防ぐことと燃料タンク内の腐食を防ぐこと、これがイイんですね。

もし、長期間、バイクを放置するのでしたらこの燃料添加剤はおすすめですね。

燃料添加剤 ワコーズ F-1 フューエルワン

WAKO’S フユーエルワンのお値段も1,500円(低下:1,600円)と手頃です。愛車を守るにはコスパが高い金額ですよね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ガソリンって腐るとかなり厄介だと思いませんでしたか。僕は思いました。なので、できるだけバイクに乗ってガソリンを潤滑させています。その方が、いちばんの対策のような気がしていますので。

僕が住んでいるのは南国の島、沖縄なので年中バイクに乗れる地域です。もちろん、寒い日もありますが我慢すれば、バイクに乗れますね。

一方、北海道のような地域では冬の間はバイクに乗れない時もあるでしょう。その場合は、やはり燃料添加剤をいれて保管することをおすすめします。