ガソリンの腐りを対策する方法

メンテナンス

バイクを快適に乗るために事前にいろいろ対策をしています。
ガソリンの腐り(劣化)対策もそのひとつです。

今回は添加剤でできるガソリン腐り対策の簡単な方法を紹介しましょう。

バイクを長期保管する方にはお勧めの方法です。

ガソリンが腐る、劣化するとどうなる?

ガソリンが腐るとどうなるのでしょうか。

ガソリンが腐れば、その性質はドロドロとなり、ガソリンとしての機能を果たすことができません。当然、そのような状態のガソリンはエンジンにとってもよくありませんし、バイクを動かすこともできません。

仮に、腐ったガソリンでエンジンをかけてみようものなら、ドロドロのガソリンがエンジン内に詰まってしまい、バイクは壊れてしまうでしょう。

それだけじゃありません。

腐ったガソリンは金属を溶かすような化学変化を起こすと言われています。それは、金属でできている燃料タンクを錆びさせ、穴をあけてしまうかもしれないということです。

つまり、腐ったガソリンを放置すれば、バイクにとって良いことはひとつもないのです。

ガソリンが腐る、劣化する期間は?

ガソリンが腐る、劣化する期間は?

ガソリンが腐る、劣化する期間は、これといって明確に定められてはいませんが、おおよそ「6ヶ月」と言われています。

この期間は品質保持としているようですが、しかし、確実な数値ではありません。これ以下になることもあるのです。

というのは、ガソリンは光や保管温度、水分、空気との接触等により、その品質が左右されるのです。ですので、ガソリンは早急に使う方が良いと思います。

ガソリンを腐らせない、劣化させない方法

ガソリンを腐らせない、劣化させない方法はとてもシンプルです。

それは、

「ガソリンを常に循環すること」

つまり、燃料タンクに入っているガソリンを使い切り、新しいガソリンを入れることです。それにより、長期間ガソリンを放置しないで済みます。結果、ガソリンを腐らすことがありません。

とはいえ、地域によっては季節により、バイクを冬眠させることもあるでしょう。その際、お勧めの方法があります。

燃料添加剤でガソリンの腐敗対策をする

季節的な理由でガソリンを循環させることができない場合、燃料添加剤がおすすめです。

中でも「WAKO’Sのフューエルワン」は最高品です。

燃料添加剤 ワコーズ F-1 フューエルワン

WAKO’Sのフューエルワンには、ガソリンを腐りや劣化を防ぐ効果があります。さらに、燃料タンク内の錆の発生も防ぐ成分が入っているので、長期間バイクを保管するにはもってこいの燃料添加剤です。

WAKO’Sのフューエルワンには他にも嬉しい効果がある

WAKO’Sのフューエルワンには他にも嬉しい効果があります。

それは、インジェクターに付着したカーボンを除去する効果があるのです。それにより、エンジンフィーリングが良くなり、レスポンスも高まります。

ガソリンの腐れと劣化を防ぎながら、エンジンフィーリングも良くなる添加剤。WAKO’Sのフューエルワンはバイク乗りにお勧めの添加剤です。

WAKO’Sのフューエルワンの使い方

ワコーズのフューエルワンを隼に使う。

WAKO’Sのフューエルワンの使い方はとても簡単です。

ガソリン満タンの燃料タンクに1本のフューエルワンを入れるだけ。それだけでガソリンの腐りや劣化、燃料タンク内のサビを防いでくれます。

ちなみに、私は毎月、3〜4本ほどのフューエルワンを注入しています。

バイクと長く付き合いたいならお勧め

バイクと長く付き合いたいなら、事前の対策は必要です。とくに添加剤を入れるだけの簡単な方法なら尚更です。

WAKO’Sのフューエルワンは、わずか1,500円でできる簡単な対策方法なので、やらない手はないですよね。

というわけで今回は以上です。