隼のハンドルバーエンドを外すとこんな感じです。

隼のバーエンドを交換

ハンドル周りをドレスアップ

隼のバーエンドになんの不満もない。しかし、カスタム欲というか何かしらパーツを取り付けたいと思っている(笑)。なので、手軽にできるバーエンドを変えてみようと思う。

なお、社外のハンドルバーエンドを取り付けたからといって機能的に何かが向上するということはない。単なるファッション性が上がるだけの効果しかないが、気に入った色を取り付けられるのはいい。

というわけで今回は、隼(GSX1300R)の「バーエンド」の紹介と交換手順を記事にしよう。

隼に取り付けるバーエンドの紹介

ポッシュ(POSH) ハンドルバーエンドです。隼用です。
ポッシュ(POSH) 製 ハンドルバーエンド

隼に取り付けるバーエンドは「ポッシュ(POSH) 製のハンドルバーエンド」だ。今回はゴールドにしてみた。

ポッシュ(POSH) ハンドルバーエンド ホンダ車/スズキ車用 M6ホンダ/スズキ用 ウルトラヘビーバーエンド ゴールド 2個入 031979-04

隼のフォークやキャリパーなどがゴールドをしているので、それに合わせてみようと思う。では早速、バーエンドの取り付けだ。

隼のハンドルバーエンドの交換方法

隼のハンドルバーエンドの交換はとても簡単だ。

まず、ハンドルバーエンドのビスをプラスドライバーを使って外す。

隼のハンドルバーエンドの交換。プラスドライバーでビスを外す。
隼のハンドルバーエンドのビスをプラスドライバーで外す。

ちなみに、ハンドルバーエンドのビスは舐めやすいので以下のようにドライバーの先が平坦のものを使用するといいだろう。

隼のハンドルバーエンドの交換には先が平坦になっているプラスドライバーをご使用ください。

プラスドライバーを使ってハンドルバーエンドを外すと、以下のようになる。

隼のハンドルバーエンドを外すとこんな感じです。

社外のハンドルバーエンドはボルトオンでいける。ただ、ボルトの長さがいくかあるので純正と同じ長さのボルトを選んで装着する。

ちなみに、ボルトは純正のようなプラスドライバーになっているのではなく「六角」になっている。

あとは、純正のハンドルバーエンドを外した手順と逆で取り付ければいい。さて、ポッシュ(POSH) ハンドルバーエンドをつけた隼は以下の通りだ。

ポッシュ(POSH) ハンドルバーエンドを装着した隼です。

ポッシュ(POSH) ハンドルバーエンドを装着した隼を離れて見てみる。

ん〜、ちょっと色の選択を失敗した感じだ。

なんか孫悟空の如意棒のように見える。フロントフォークがゴールドとは全然似つかわしくない色をしていた。思った以上にポッシュ(POSH) ハンドルバーエンドのゴールドが鮮やかに光っているのだ。こりゃ、他の色に交換した方が良さそうだ。

やはり、無難に黒系の色が良いだろう。で、探したら、こんなのがあった。


ポッシュ(POSH) ハンドルバーエンド ホンダ車/スズキ車用 M6ホンダ/スズキ用 ウルトラヘビーバーエンド チタン 2個入 031979-11

チタン色のバーエンドだ。黒でもなくグレーでもなく、ダークな感じが渋い。今度はチタン色のハンドルバーエンドに変えようと思う。