隼のハンドルバーエンドをカスタム【取付手順】

隼のハンドルバーエンドをカスタム GSX1300R隼

こんにちは、RYUKYU RIDERです。

先日、隼のハンドルバーエンドをカスタムしました。

純正品にはなんの不満もないのですが、隼をちょっとドレスアップしたくて社外品に変更しました。

そんなわけで今回の記事は、隼に社外のハンドルバーエンドをカスタムした方法を紹介します。

隼に取り付けるバーエンドの紹介

ポッシュ(POSH) ハンドルバーエンドです。GSX1300R隼用です。

今回、隼に取り付けたバーエンドは「ポッシュ(POSH) 製のハンドルバーエンド」です。

色は悩んだあげくゴールドにしてみました。

ポッシュ(POSH) ハンドルバーエンド ホンダ車/スズキ車用 M6ホンダ/スズキ用 ウルトラヘビーバーエンド ゴールド 2個入 031979-04

隼に社外ハンドルバーエンドを取り付ける方法

隼に社外ハンドルバーエンドを取り付けるやり方はとても簡単です。
以下から画像付きで解説していきます。

隼のハンドルバーエンドの交換。プラスドライバーでビスを外す。
「純正のハンドルバーエンドを留めているビスをプラスドライバーで外す」
隼のハンドルバーエンドの交換には先が平坦になっているプラスドライバーをご使用ください。
「つかう工具は先端が平坦なプラスドライバーを使う(車載ツールにあり)」
隼のハンドルバーエンドを外すとこんな感じです。
「純正のハンドルバーエンドを外した図」

ここから社外のハンドルバーエンドを取り付けるのですが、社外ハンドルバーエンドに付属しているボルトは長さがちがうものが複数あるので、純正とおなじ長さのボルトを選ぶようにしましょう。

あとは、逆の手順で取り付けていきます。
なお、ここでネジロックを使ってもいいですし、使わないでもいいです。僕は今回、ネジロックを使わないで取り付けてみました。

以下、取り付けを完了した画像です。

ポッシュ(POSH) ハンドルバーエンドを装着した隼です。
「隼のフロントからハンドルバーエンドを撮影」
ポッシュ(POSH) ハンドルバーエンドを装着した隼を離れて見てみる。
「隼のサイドからハンドルバーエンドを撮影」

以上が社外ハンドルバーエンドの取り付け手順です。

実際に取り付けた感想ですが、ん〜、ちょっと色の選択を失敗した気がします。

なんだかこのバーエンド、孫悟空の如意棒のように見えてなりません…。

フロントフォークの色に合わせたつもりが、少々色合いが違っておりました。思った以上にポッシュ(POSH) ハンドルバーエンドの方がゴールド色が鮮やかで光っており、変に目立ちます。こりゃ、他の色に交換した方が良さそうですね。

僕の隼は黒色なので、やはり無難に、黒系のバーエンドが合っているかもしれません。

早速、アマゾンで探してみたら、こんなのがありました。

ポッシュ(POSH) ハンドルバーエンド ホンダ車/スズキ車用 M6ホンダ/スズキ用 ウルトラヘビーバーエンド チタン 2個入 031979-11

隼用チタン色のバーエンド。

黒でもなくグレーでもなく、ダークな感じが渋い。
今度はこのチタン色のハンドルバーエンドに変えようと思います。

というわけで今回は以上です。