隼のオイル交換の目安と選び方

数あるオイルの中から最適の見つけ方

ども、RYUKYU RIDERです。

バイクにとって欠かせないメンテナンスがエンジンオイルの交換です。

定期的なエンジンオイルの交換は、エンジン内部の磨耗を軽減するだけじゃなく、バイクを壊さないための必須な作業といえます。

かくいう僕も先日、隼のエンジンオイル交換をやってきました。

いい機会なので、隼のオイル交換の目安とオイルの選び方について解説していこうと思います。

隼のオイル交換の目安は?

個人的な意見になりますが、僕が隼のオイル交換の目安にしているのが何といっても「走行距離」です。隼の走行距離が3,000キロを超えたら、エンジンオイルを交換するようにしています。

理由は、これといってありません(笑)。これは完全に感覚的なものであり、乗り方に依存するものなので正解ではないと思います。

人によっては、走行距離5,000キロでオイル交換する人もいれば、走行距離が1000キロでもオイルの汚れ具合をみて交換する人もいますし、決まった感じではないです。僕の感覚では、それが走行距離3,000キロでオイル交換しているというわけです。

ただ、これはあくまでも目安なので、バイクの走り方や環境が変われば当然、走行距離が3,000キロにならずともオイル交換することもあります。

例えば、

  • サーキット走行
  • 長距離移動(ロングツーリング)が多いとき
  • 渋滞にはまることが多いとき
  • 気温が高い夏場
  • 湿度が多い季節
  • 気温差が多い季節

などの場合は即、オイル交換をしています。

とはいえ、沖縄にはバイクが走れるようなサーキットはないし、本土のようにツーリングの距離も長くありません。

ですから、隼をあまり酷使することはないので、今のところ走行距離が3,000キロという目安でエンジンオイルを交換しています。

隼のオイルの選び方

オイルには様々な種類があります。

それこそ、つくっているメーカーも違えば、品質も違います。いろんな種類があるので、どれがいいか迷ってしまうこともあるでしょう。

というわけで、ここからは隼のエンジンオイルの選び方について解説していきます。

粘度でオイルを選ぶ

オイルには粘度が書かれています。

例えば「5W-40」や「10W-40」などです。

これはオイルのかたさをあわらしているもので、例えば、前半の「W」という文字はWinter(冬)の略であり数値が少なくなるにつれて低温時にオイルが固まりにくいという特性を示しています。数値が0Wなら零下35度、5Wなら零下30度、10Wなら零下25度まで使用可能という意味です

この粘度は気温に合わせて使い分けていくといいでしょう。

ちなみに、10Wよりも5Wの方がエンジン始動時における負荷が少なく、燃費も良くなると言われています(逆に言えば粘度が低いのでエンジンにかかる負担は大きい)。

 前半の数値 使用可能な温度
 0W 零下35度
 5W 零下30度
 10W 零下25度

一方、後半の数値は、高温時(100℃)における粘度を表しています。数字が高くなればなるほどオイル粘度が高いことを示しています。

大排気量のバイクやエンジンを高回転まで回して走る人は、10W-40等の固めのオイルがいいかもしれません。

ちなみに、スズキが推奨している隼のオイルは「10W-40」です。

スズキ推奨 隼のオイル数値:10W-40

なお、オイルの数値は季節で変えるといいと思います。

例えば、冬はエンジンの熱があまり高くならないから柔らかめのオイルを選んだり、夏であれば固めのオイルを選ぶという具合です。

また、地域によって数値を変えてもいいかもしれません。北海道なら柔らかめで、沖縄なら年中固めのオイルという感じです。僕は沖縄住みなので、固めのオイルを選ぶようにしています。

次はオイルの種類を解説しましょう。

オイルの種類で選ぶ

バイクに使われるエンジンオイルには3つの種類があります。

  1. 鉱物油
  2. 化学合成油
  3. 部分合成油

それぞれ特徴があるので以下にて解説していきますね。

1、鉱物油

いわゆる安いオイルで、性能は劣ると言われています。とはいえ、頻繁に交換を行えば、エンジンオイルとしての役割もちゃんと果たすので、それほど心配するものではありません。

鉱物油は安いオイルだから悪いというよりは「安いオイルはオイル交換する回数が増える」という風に考えるといいでしょう。

2、化学合成油

化学合成油は、不純物を取り除いたオイルで、耐熱性や潤滑性などに優れているオイルです。SSバイクやパワフルなバイクには必ずといっていいほど使用されるオイルですね。化学合成油はハイパフォーマンスなオイルだけに、価格が高価なのが多いです。

なお、レース仕様のバイクは皆、化学合成油を使用しています。

3、部分合成油

部分合成油は、鉱物油と化学合成油を配合したものです。

性能的にも価格的にも中間的な位置に属しているオイルですね。この部分合成油を好んで、使っている人は結構多かったりします。

結論:隼に入れるオイルは?

バイク隼に使ったオイルはワコーズの化学合成ゆ100%「10w-50」だ。

僕が隼に入れるオイルは、化学合成油100%を選んでいます。

なぜなら、隼はハイパワーなバイクですし、カウルのせいでエンジンに熱がこもりやすいです。なので僕は、化学合成100%で耐熱性や潤滑性が優れているオイルを選ぶようにしています。

化学合成油100%のオイルは、いろんなメーカーが出していますので選ぶのに困りませんが、今回は誰でも知っているメーカーのオイルを使ってみました。

今回、隼のオイル交換に使ったエンジンオイルはこれです。

WAKO’S エンジンオイル 4CT-S 10W-50

今の沖縄の季節は夏です。

猛暑というくらい暑いので僕は、固めのオイルを選びました。

オイルメーカーは名前をよくきくワコーズです。お値段が少々お高いのが痛いところですが性能はピカイチだと思います。

WAKOS フォーシーティーS 4CT-S 1L Full Synthetic カーメーカー認証エンジンオイル 10W-50 4個セット

まぁ、バイクを壊さないためには、また調子よく保つためには、このくらいの出費は仕方ないですね。

さて今回は、オイルフィルターも交換しました。

キタコ (KITACO) オイルフィルターエレメント K-PIT S-03 GSR250 イナズマ400 GSX1300R ハナブサ 等 70-390-12030

隼のオイル交換時に使った金額は、15,000円超えです。この金額には、オイル交換作業をプロにお願いしたので工賃等も含まれています。

なお、自分でオイル交換ができる環境があるなら、エンジンオイルの値段はネットの方が安いし、工賃もうくのでいいかもしれませんね。僕もオイル交換くらいはできるので、機会あれば自分でやってみようと思います。

とはいえ、夏に作業するのは熱中症の危険性もあるので、お金に余裕があればオイル交換の作業はプロに任せるといいでしょう。

追記:現在使用しているオイルは「WAKO’S トリプルR 15W-50」です。
詳しくは「隼のエンジンオイルを交換。WAKO’S トリプルRを試してみた!」をどうぞ。

今回オイル交換をやったお店はコチラ

隼のオイル交換をライコランド沖縄店でやってきた。

今回、隼のエンジンオイル交換をやってくれたお店はこちらです。

ライコランド沖縄」です。

ライコランド沖縄店は、ライコランド・グループの一つで、バイク用品とパーツ販売、取り付けを専門に行なっているバイク専門のショップです。国内に24店舗、海外に1店舗を構えており、商品数の豊富さやフレンドリーな対応に多くのライダーやバイカーたちが集まります。

ライコランドには、バイクのパーツやケミカルだけじゃなく、ヘルメットやバイクウエア(帽子、ジャケット、Tシャツなど)などが豊富に揃っています。1日中お店にいても飽きないところです(笑)。

ちなみに、オイル交換は事前に予約した方がいいようです。ライコランド沖縄は、けっこう混んでいたりするので電話予約は必須ですね。

さて、ライコランド沖縄店の情報は以下からどうぞ。

店 名 :ライコランド沖縄店
所在地 :〒901-0201 沖縄店豊見城市真玉橋178-1
アクセス:那覇IC4.5km。南風原北IC5.5km。那覇空港から6.5km。
営業時間:平日:11:00~20:00 土日祝:10:00~20:00
店休日 :年中無休
電話番号:098-840-6178
公式サイトは こちら

動画:隼のオイル交換の頻度について

動画でも隼のオイル交換について語っております。
よかったらご視聴をば。