隼(GSX1300R)を中古で買うときに確認すべき6つのポイント

中古バイクを購入する際のチェックポイントを6つ紹介。程度のいい隼にであるためには必須。

隼は1999年から発売されたメガスポーツバイク。それから現在(2018年)に到るまで、製造されて販売しつづけている。

隼はロングセラーのバイクのため、中古車市場に出回っている数は結構多い。それは前期型の隼だけじゃなく、後期型の隼もしかりだ。

隼が欲しい方にとっては、いろんな年式があるから選り取り見取りかもしれないが、どれを買えば良いか迷ってしまうかもしれない。例えば、隼のカラーリングひとつ取ってもいろんな種類があるからだ。

しかし、ちょっと待ってほしい

隼を中古車で買う場合、ちょっとした注意点がある。今回は、私が中古車の隼を購入した経験から、程度のいい隼を購入するためのポイントを6つ紹介しよう。

1、修復歴の有無

隼に限らず、バイクを中古で購入するなら、修復歴の有無くらいは確認しよう

なぜなら、修復歴があると不具合が出やすくなるからだ。もちろん、ちゃんと直っていれば良いが、フレームが歪んだままだったり、フォークが歪んだままだと、バイクはちゃんと走ってくれないし、非常に危険な思いをすることになると思う。なので、バイクを中古で買う場合は、修復歴の有無くらいは確認しておこう。

とはいえ、バイクの修復歴は、素人が見た目だけでは判断できない。なので、何かしらの資料(証拠)を販売店に見せてもらう必要がある。

例えば、業者オークションなどから仕入れられたバイクなら評価点という形で判断ができる。車両の状態を確認できる資料があれば、ぜひ確認することをお勧めしたい。なお、無事故のバイクなら評価点は「4」以上になるので、それを判断基準にするといいだろう。

2、リコール歴はあるのか

隼には、リコールが多数でている年式がある。なので、隼の中古車購入前には、購入する年式にリコールがなかったか、また対応されたかを事前に調べておこう。

なお、隼の場合、個人的におすすめの年式は以下の通りだ。

前期なら2005年〜2007年式の隼

後期なら2013年〜2017年式の隼

これら以外は、リコールがでているので購入する前に確認しておこう。

前期のGSX1300R隼がお勧めの理由

なぜ、確認が必要なのか。

それは、隼は国内仕様以外はほとんどが逆車なので、調べるのも少々手間がかかるからだ。なので、リコール処理されたかどうかを事前に調べておくと購入後は楽なのでお勧めだ。

なお、隼のリコール状況はモトマップ(motomapのリコール情報)で調べることができる。

SPONSORED LINK

3、サビの具合はどの程度か

中古車で隼を購入する場合は、以前に乗っていたオーナーの管理状況により、サビの具合が違う。できるだけ、サビの少ない隼がいいのは言うまでもない。隼の購入前にはサビの具合は確認しておこう

なお、サビを確認する最低限の箇所は以下の通りだ。

  • フォーク
  • ボルト類
  • メッキやアルミ部分

これらをチェックし、なるべくサビの少ない隼を選ぶようにしよう。

4、ノーマル車両か

結論から言えば、隼を中古で購入するなら、できるだけノーマル車をお勧めする。

理由は、荒く乗り回されていないからだ。逆に、カスタムされたバイクであれば、荒く乗られていたケースがあるので、ノーマル車の隼がお勧めだ。

5、走行距離はどのくらいか

隼は、大型バイクなので走行距離はそんなに気にしなくていい。例え、5万キロ以上走られた隼でも、エンジンは丈夫なので安心して良いと思う。

とはいえ、走行距離が多ければ、購入後のメンテナンスの必要性がでてくるということも視野に入れないといけない

その辺を含めて、走行距離で購入を判断しても良いだろう。

なお、隼の場合、5万キロあたりから少しずつ部品交換をしておいたいい箇所が出てくる。代表的な箇所をあげればクラッチ関係は交換の対象だ。その辺は、5万キロを超えたら必ず交換しておいた方がいいらしい。

6、各部のオイル滲み

中古の隼を購入する前には、オイル滲みくらいは確認しておこう。

チェックする箇所だが、まずはエンジンだ。エンジンからのオイル漏れは深刻な場合があるので要チェックだ。下手したら、エンジンOHの必要性もでてくるかもしれないので、購入前には必ずチェックしておこう。できることならカウルを外した方がいいけど、なかなかそうはいかない。その場合は、カウルの中を覗き込むか、下回り(ドレンボルト辺り)からも確認できるので見ておこう。

他にチェックする箇所は、フォークのオイル滲みだ。もしも、フォークからオイル滲みがあれば、納車前に交換をさせておく方がいい。例え、追金があっても交換させるべきだと思う。できれば、無料でやってくれるバイクショップならいいけど、なかなかそんなショップはないので、サービスでやってくれるかを事前に交渉してみるのも一つの手だ。

まとめ

以上が、隼を中古車で購入する時に注意するポイントだ。

隼は、中古と言えど、安くはない買い物になる。であるから、やはり気持ちいいバイクに乗るためには、事前のチェックは必要だろう。

というわけで、今回の記事をまとめると隼を中古で買う時の注意点として、

  1. 修復歴
  2. リコール歴
  3. サビの具合
  4. ノーマル車両
  5. 走行距離
  6. オイルの滲み

この6つとなる。

良い隼に出会うために、これら6つを必ず確認しておこう。

隼の中古の価格はいくら?