隼を中古で買うときに確認すべき9つのチェックポイント

中古バイクの目利きはいい方です。
おかげ様でいい隼に巡り会うことができました。

中古の隼を選ぶポイントを抑えておけば、下手なバイクを摑まされずに済みます。中古車鑑定人じゃなくとも、ちょっとしたポイントを知ることで良い隼を探すことは可能なのです。

そんなわけで今回は、隼を中古で買う際のポイントを9つ紹介していきます。

隼を中古で買うときに確認すべき9つのポイント

隼を中古で買うときに確認すべき6つのポイント

では、ここから隼を中古で買うときに確認すべき9つのポイントを紹介していきます。

1, 修復歴の有無

隼に限らず、バイクを中古で購入するなら「修復歴」くらいは必ず確認しましょう。なぜなら、修復歴があるバイクだと不具合がでやすいからです。

もちろん、ちゃんと直っていれば問題ないのですが、フレームが歪んだままだったり、フォークが歪んだままというバイクは今も世の中に結構あります。

これだとバイクはまっすぐに走ってくれませんし、非常に危険な思いをすることは必死です。なので、バイクを中古で買う場合は、修復歴の有無くらいは確認しておきましょう。

なお、修復歴の有無を確認する方法は2つあります。

1つは、ハンドルストッパーを確認することです。ここが左右非対象だったり、溶接部分が変に盛り上がってれば修復はあるとみた方がいいですね。

2つ目の方法は、店頭で何かしらの資料(証拠)を見せてもらうことです。

例えば、業者オークションなどから仕入れられたバイクには、評価点というのがあります。これが評価点数「4」以上なら無事故車のバイクなので、判断基準にするといいでしょう。

他には、中古車鑑定人が査定した資料などもありますので、それがあるなら確認しておいた方が無難です。

2, リコール歴はあるのか

隼にはリコールが多数でている年式があります。なので、隼の中古車購入前には、購入する年式にリコールがなかったか、また対応されたかどうかを事前に調べておきましょう。

なお、個人的に隼のおすすめ年式は以下の通りです。

前期の隼:2005年 〜 2007年
後期の隼:2013年 〜 2017年

これら以外は、リコールがでているので購入する前に確認しましょう。

なぜ、リコールの確認が必要なのか。

それは、隼は国内仕様以外はほとんどが逆車なので、調べるのも少々手間がかかるからです。リコール処理されたかどうかを事前に調べておくと購入後は楽なのでお勧めです。

なお、隼のリコール状況はモトマップ(motomapのリコール情報)で調べることができます。興味がある方はご確認を。

3, サビの具合はどの程度か

中古車で隼を購入する場合は、サビの具合を確認しましょう。

以前に乗っていたオーナーの管理状況により、サビの具合がぜんぜん違います。なので、購入前にはサビの確認は必須です。誰でもサビの少ない隼がいいですもんね。

なお、サビを確認する箇所は以下の通りです。

  • フォーク
  • ボルト類
  • メッキやアルミ部分
  • 燃料タンク内

これらをチェックし、なるべくサビの少ない隼を選ぶようにしましょう。

4, ノーマル車両か、カスタム車か

結論から言えば、隼を中古で購入するならノーマル車の方が断然いいです。理由は荒く乗り回されていないからです。

まぁ、中にはカスタム車からノーマルに戻されて販売されているバイクもありますが、それらは各部のボルト類を見れば外された形跡があるかどうかが確認できます。この辺を見極める自信がない人はバイクに詳しい人を連れていっしょに見てもらうといいです。

話を戻します。

逆に、中古の隼がカスタムされたバイクであれば、荒く乗られていたケースがあります。

例えば、峠をせめていたバイクとか、サーキットで走っていたとか、高速道路をかっ飛ばしていたとかなどなど。なので、カスタム車ならその辺を覚悟してから購入することを考えましょう。

ちなみにカスタム車の隼なら以下の2つは絶対に確認します。

  1. 車検はこのまま通るか
  2. 純正部品はあるか

もしも車検に通らない隼であれば車検時に純正部品を揃えなければいけないし、その整備代もでてしまいます。自分でやるにしてもそれ相応の時間がかかることを考慮するために、中古の隼を購入する前にはかならず確認しておきましょう。

なお、個人的にはやはりノーマルの隼がお勧めです。

5, 走行距離はどのくらいか

隼は大型バイクなので走行距離はそんなに気にしなくていいです。たとえ、5万キロ以上走られた隼でもエンジンは丈夫なので安心して良いと思います。

とはいえ、走行距離が多ければ購入後にメンテナンスする箇所がいくつかでてきます。なので、それも視野にいれてから、値段とのバランスをみて購入を決めましょう。

なお、隼の場合、走行距離5万キロを目安にするといいです。というのは、5万キロ以上の隼は交換箇所がいくつかでてくるので。

代表的な箇所をあげればクラッチ関係です。ここは5万キロを界にチェックするか、磨耗してれば交換した方がいいですね。

6, 実走行か

隼を中古で購入する際、走行距離も大事ですがそれが実走行なのかも確認しましょう。

確認する方法は単純です。「車検証」で確認できます。

2017年1月から車検証記載事項のルールが変わりました。今は直近の車検時および前回車検時の走行距離を表示をするように義務づけられています。

なので、車検証を見れば走行距離が実走行かどうかが一目瞭然です。

とはいえ、実走行かの確認は完全ではないので参考程度にするといいです。やはり悪徳業者は抜け道を通って今でもメーター改ざんしていますし、そんなバイクを平気で売っているバイク業車はあります。

なので、実走行かは一つの判断基準として、他のチェックポイントと照らしあわせて考えていく方が無難です。

7, 各部のオイル滲み

中古の隼を購入する前には、オイル滲みは確認しておきましょう。

オイルにじみのチェックする箇所ですが、まずはエンジンですね。エンジンからのオイル漏れは深刻な場合があるので要チェックです。下手したら、エンジンOHの必要性もでてくるかもしれないので、購入前には必ずチェックしておきましょう。

隼のようなカウル付きのバイクはカウルを外してみた方がいいのですけど、なかなかそうはいきませんよね。その場合は、カウルの中を覗き込むか、下回り(ドレンボルト辺り)を目視で確認するといいです。

他には、フォークのオイル滲みです。もしも、フォークからオイル滲みがあれば、納車前に交換をさせておくべきですね。例え、追金があっても交換させるべきだと思います。

8, ゴム類(グロメット)を確認する

ゴム類(ステップ、グリップ、タイヤ、グロメットなど)も確認しましょう。

ゴム類を確認する目的は2つ。

  1. 交換の必要性があるか
  2. メーター改ざんの確認

ゴム類は消耗品のひとつです。長くバイクに乗っていると、ゴム類が擦れたり、経年劣化で切れたりします。そんな場合、ゴム類を交換しなければいけません。

中古の隼を購入前に事前にチェックしてヘタリがあれば、納車前に交換することができます。

また、ゴム類の確認はメーター改ざんを見抜く手段でもあります。

例えば、走行距離が1,000キロしか走っていないバイクがあったとして、そのグリップやステップ、タイヤなどが異様に擦れていたらおかしいですよね。そんな箇所があれば、いくら走行距離が少なく表示されていても明らかに長い間、乗られていたであろうと推測できるわけです。

そんな意味でゴム類はあらかじめチェックしておきなしょう。

9, 立ちごけ歴と被害箇所

隼は大型バイクです。ですので十中八九、立ちごけしている可能性があります。

かくいう僕の隼も立ちごけ歴がありました。なので、もし、この記事を読んでいるあなたが隼を中古で購入したいと考えているなら、立ちごけ歴は確認しておきましょう。

なお、確認する方法は単純にバイクショップ店員に聞くことです。もし「わからない」という回答なら目視で確認します。確認する箇所は以下の6つです。

  • ブレーキレバーの先端の傷(または曲がり)
  • ハンドルバーエンドの傷
  • サイドカウルの傷
  • ステップの傷
  • マフラーの傷
  • クランクケースの傷

なお、これは隼に限った話です。

これら6つの箇所に傷があるかどうかをチェックするだけで立ちごけ歴があるかどうかを確認することができます。ぜひ、チェックしてみてください。

まとめ

以上が、隼を中古車で購入する時に注意するポイントです。

隼は中古と言えど、安くはない買い物になります。なので、気持ちのいい隼に乗るためには事前のチェックは必須です。

というわけで、今回の記事をまとめると隼を中古で買う時の注意すべきポイントは以下の9つになります。

隼を中古で買うときに確認すべき9つのポイント
  1. 修復歴の有無
  2. リコール歴
  3. サビの具合
  4. ノーマルorカスタム車両か
  5. 走行距離はどのくらいか
  6. 実走行か
  7. 各部オイルの滲み
  8. ゴム類の確認
  9. 立ちごけ歴と被害箇所

いい隼に出会うために、これらは必ずチェックしておきましょう。

なお、隼を色やデザインで選びたい方は「隼のカラーリングまとめ」をご一読ください。2005年から現行型までの隼の色を一覧にしてまとめてあります。

前期か後期かという選び方なら「隼の前期と後期の違いを徹底解説」の記事をどうぞ。前期と後期の違いを比較しておりますので参考になると思います。