GSX1300R隼のエンジンオイルをエクスターR9000にした理由

GSX1300R隼の取説

ども、RYUKYU RIDERです。

先日、隼のオイル交換を行いました。これまでGSX1300R隼のエンジンオイルには、少しお高いワコーズ製をつかっていましたが、今回はスズキ純正エンジンオイル「エクスターR9000」を使用しました。

大型バイクとかスポーティーなバイクなら、メーカーが推奨する純正オイルよりも、社外品のちょっとお高めのオイルの方がいいと判断する人も多いでしょう。まぁ、純正品よりもオイルを専門に研究されているエンジンオイルが性能も品質もいいように思えますからね。

しかし、ぼくは今回、GSX1300R隼のエンジンオイルにスズキ推奨のオイル「エクスターR9000」を選びました。

それはなぜか。

以下から、GSX1300R隼のエンジンオイルをエクスターR9000にした理由を解説します。

GSX1300R隼のエンジンオイルをエクスターR9000にした理由

これまでGSX1300R隼のオイルにはワコーズのトリプルRを使用してきました。トリプルRもいいエンジンオイルですが、じつはエクスターR9000も最高にいいオイルなのです。

その理由は以下の6つを調べた結果です。

  1. エクスターについて
  2. 粘度
  3. ベースオイル
  4. JASO規格
  5. API規格
  6. 体感

というわけで、それぞれ見ていきましょう。

エクスター(ECSTER)について

エクスターR9000の「エクスター(ECSTER)」とは、バイクメーカーであるスズキのオイルブランドの名前です。

これはメーカーであるスズキが、車やバイクを販売している時から研究開発されたエンジンオイルであり、別の言い方をすればスズキのエンジンに合ったオイルといえます。

エクスターには、エクスターR9000の他にエクスターR7000、エクスターF9000、エクスターF7000など、それぞれ車やバイクに合わせたグレードがあります。

中でもエクスターR9000は、GSX1000RGSX1300R隼の純正オイルとして推奨されており、近年の試験ではGSX1000Rで行われていたようです。つまりエクスターR9000は、高負荷や高回転など、いわゆる300km/h走行にも耐えられる性能を持っているということ。

エクスターR9000、最高にいいオイルだと思いますね。

ちなみにエクスターは、2015年からMotoGPのワークス「チームスズキ エクスター」として参戦しています。これはレースでもエクスターのオイルを試しているということでしょう。エクスターのオイルは高性能バイクにとって、期待できるエンジンオイルだと思います。

エクスターR9000の粘度

次にエクスターR9000の粘度についてです。

エクスターR9000の粘度は「10W-40」です。これはGSX1300R隼に適した粘度であり、隼のサービスマニュアルにもしっかりと書いてあります。

つまり、隼にとってエクスターR9000の粘度は、堅すぎず柔らかすぎず、ちょうどいいオイルだということです。

エクスターR9000のベースオイル

エクスターR9000のベースオイルは化学合成100%です。

ふつうバイク用のエンジンオイルにはベースオイルとして鉱物油、部分合成油、化学合成100%という3種類あるのですが、エクスターR9000には化学合成100%のベースオイルが使用されています。これは3種類あるベースオイルの中でも清浄性や潤滑性、耐熱性がもっとも最高であるいうことを意味しています。

高性能エンジンを積んだGSX1300R隼には、エクスターR9000は向いていますね。

エクスターR9000のJASO規格

バイク用のエンジンオイルにはJASO規格というのがあります。これは日本自動車規格によって定められたエンジンオイルの特性を表すもので、MA、MA1、MA2、MABなどの表記がされます。これらの表記がパッケージに表示されておれば、バイク用のエンジンオイルとして適しているものと言えます。

なお、JASO規格についてはこちら「バイク用エンジンオイルの選び方【5つの視点】」で詳しく解説しているので良かったらご一読ください。

では、エクスターR9000のJASO規格はどうなのか。

エクスターR9000のJASO規格は「MA2」となっています。つまり、エクスターR9000がバイクに適したエンジンオイルだということです。無論、GSX1300R隼にもいいというわけです。

エクスターR9000のAPI

次は、エクスターR9000のAPIについてです。

APIとはエンジンオイルのグレードを表すもので、表記は2文字のアルファベットからになります。頭文字がアルファベットの「S」ではじまり、後ろの文字もアルファベット表記です。後ろの文字は「Z」に近いほど、グレードが高いオイルになります。

で、肝心のエクスターR9000のAPIはというと「SN」です。

これは現時点で最高峰のオイルグレードになります。

ちなみに、エクスターR9000のAPIについては、エクスターの公式カタログがリソースです。
エクスターのカタログはこちら

このカタログの20ページあたりにエクスターR9000のAPIが表示されています。

なお、エクスターの公式のカタログを見てエクスターR9000のパッケージがちがうと疑問にもつ人もいると思いますが、しかし、安心してください。中身は同じオイルです。

エクスターR9000のパッケージがちがう理由は、容量が違うからです。つまり、このカタログは欧米で発行されたもので、オイルの容量がリットルではなくガロンになっているからなのです。一方、日本ではリットル販売が主流なので、パッケージが変更され販売されているわけです。なので中身は一緒なのですよ。

で、GSX1300R隼との相性はどうかといえば、グレードが最高のオイルが隼に悪いわけがありません。いえ、逆に、隼に入れるオイルのAPIは「SN」がいいと思いますね。

体感

エクスターR9000の体感についてですが、これは実際にGSX1300R隼にオイルを入れてみて、走らせてからわかることですよね。

実際にエクスターR9000の体感したことは別の記事「GSX1300R隼のエンジンオイルをエクスターR9000を試したのでレビューしてみる」で解説していますので、そちらをご覧ください。

まとめ

さて、エクスターR9000を選んだ理由は、上で書いたような6つのことを調べた結果です。

少しまとめますと。

  • エクスターR9000はスズキのエンジンに合っている
  • エクスターR9000の粘度がGSX1300R隼に適している
  • エクスターR9000のベースオイルは最高峰の化学合成油
  • エクスターR9000のJASO規格は「MA2」
  • エクスターR9000のAPIは「SN」

以上のことから、GSX1300R隼のエンジンオイルをエクスターR9000にしました。

エクスターR9000を調べてみて中身を見れば見るほど、エクスターR9000って、いいエンジンオイルだということがわかりますよね。これから僕のGSX1300R隼のエンジンオイルは、エクスターR9000で決まりでそうす。

なお、エクスターR9000は価格も良心的です。品質がいいエンジンオイルにもかかわらず、エクスターR9000の単価は「1,600円(税込)」ほどですから。

エクスターR9000こちら

エクスターR9000は、ほんとコスパが高いエンジンオイルだといえます。

大型バイクは、ガソリン代やらパーツ代やらと、何かとお金がかかるのですが、エクスターR9000であればお財布にも優しいですし、バイクライフが一層、楽しくなりますよね。

僕と同じGSX300R隼のオーナーには、ぜひ、エクスターR9000をつかってほしいなって思います。

というわけで今回は以上です。