台風の強風からバイクの転倒を防ぐ方法【バイク台風対策】

バイクにとって「台風」は天敵です。

とくにガレージ保管や屋根下保管ではなく、野ざらしのバイクは注意が必要です。なぜなら台風は強風を巻き起こして、バイクを倒してしまうからです。

先日、こんなツイートをしました。

季節が夏になれば必ずやってくる台風はバイクを転倒させるリスクがあります。ですので台風がくる前に、なにかしら対策をおこなわなければいけません。

僕が住んでいる沖縄は台風が多い地域です。そんな地域に住んでいる沖縄のライダーはバイクの台風対策について人一倍気を使っています。おそらく沖縄のライダーがやっている台風対策の知恵は県外にいるライダーにもきっと役立つことでしょう。

そんなわけで今回は、沖縄のライダーが実際にやっているバイクの台風対策をお教えしたいと思います。

台風の強風からバイクの転倒を防ぐ7つの方法

沖縄のライダーがやっているバイクの台風対策には7つあります。以下から、バイクの転倒を防ぐ7つの方法を紹介していきます。

方法1:バイクカバーを外す

まず、台風の強風からバイクの転倒を防ぐには、台風の風をもろに受けないことが大事です。そのためにはバイクカバーを外しておきましょう。

台風の際、バイクが雨に打たれるのがイヤという理由でバイクカバーをかける人がいますが、実は逆効果です。

確かに雨に打たれているバイクは塩害にもなるし、見ているだけでイヤになりますが、しかし、バイクカバーをかけたままだと台風の風をもろに受けてしまいバイクが転倒してしまいます。結果、バイクは雨に打たれるだけじゃなく、パーツも破損してしまうのです。

パーツが破損してバイクが傷つくよりも雨に打たれる方がまだマシです。台風の雨に打たれてもあとで洗車すればいいだけですので、パーツ破損よりはまだいいでしょう。

とはいえ、バイクが雨に打たれている姿を見るのはライダーとして心苦しいですよね。ですので最低限の雨対策だけはしておきましょう。

例えば以下の2つはお勧めです。

  1. バイクの穴(鍵穴、マフラーなど)をガムテープで塞ぐ
  2. ハンドルスイッチ(ブレーキ・クラッチ)をビニールで保護する

このように各所に対して雨対策をしておけば、バイクが雨に打たれても心配する必要はありません。外装は雨に打たれてしまいますが、洗い流せばいいだけですので問題ありません。しかし、スイッチ類やマフラーの穴、鍵穴などは洗うことができないですし、錆びてしまうと厄介なので事前に対策しておくといいです。

話を戻しますが、台風時はバイクカバーを外しておきましょう。その上でバイクの穴やスイッチ類は雨対策しておくといいです。

方法2:ギアを1速に入れる

普段、バイクを停めるときはギアを「N(ニュートラル)」にいれていると思いますが、台風のときはギアを1速に入れておきましょう。

理由は、バイクのギアを1速に入れるとタイヤがロックしてバイクが前後に動きにくくなるからです。その結果、台風の強風によるバイク転倒を防ぐことができます。

ですので台風時はバイクのギアを1速に入れて駐車しておきましょう。

方法3:フロントブレーキをロックする

フロントブレーキロックでバイクの台風対策をする

バイクをロックするのは何もギアだけではありません。バイクに装備されているブレーキも意図的にかければバイクをロックすることができます。

意図的にブレーキをかけるには「フロントブレーキロック」が必要です。

DAYTONA(デイトナ) フロントブレーキロック レッド 96994

このフロントブレーキロックはDAYTONA製で頑丈なプラスチックをしており、フロントブレーキに引っ掛けるだけで、バイクをブレーキロックしてくれる優れ品。

このアイテムは本当に便利ですよ。というのはフロントブレーキロックはなにも台風時だけじゃなく坂道の停車時やメンテナンス時(チェーンシコや洗車、プラグ交換など)にも役立つからです。

もっていて損はしないアイテムですし、価格も安いですから1個くらいは常備してもいいかもしれませんね。

方法4:サイドスタンドをつかう

台風時、バイクの停車はサイドスタンドで行うようにしましょう。これは乗るバイクにもよりますがサイドスタンドがあるなら使わない手はないです。

バイクによってはサイドスタンドとセンタースタンドの両方を完備しているものがありますが、台風時は迷うことなくサイドスタンドで停車しましょうね。理由は言わずもがなサイドスタンドの方が横風に強いからです。

とはいえ、バイクのサイドスタンドは左右の風に強いのではなく片方、つまりサイドスタンド側から反対の風に強いので誤解のないようお願いします。これは実際にバイクを横から押してみたらわかることなのですが、サイドスタンド側の反対からバイクを押してもビクともしませんが、サイドスタンド側からバイクを横に押せば簡単に倒れてしまいます。

バイクがどの方向に押せば倒れるかという構造を知っておけば、強風に対してバイクをどこに向けて停車すればいいかわかると思います。無論、強風がある方へサイドスタンド側の反対方向を向ければ安全です。

「反対の風がふけば倒れるのでは…?」

という風に思うかもしれませんが、それには次の「方法5」を行うといいでしょう。

方法5:バイクを壁際によせる

台風の強風からバイクの転倒を防ぐにはサイドスタンドで駐車すると説明しましたが、それにプラスしてバイクを壁際に寄せて駐車するとよりバイク転倒を防ぐことができるのでお勧めです

バイクを壁際に寄せて駐車する方法は、上の写真の通りです。つまり、サイドスタンドを外側にして壁ギリギリに駐車するということ。このような駐車をすれば、たとえ強い突風がふいてバイクを動かしたとしても、壁にもたれる(寄りかかる)形になるのでバイク転倒を防ぐことができます。

またバイクを壁際に寄せるということは台風の風をもろに受けないですし、さらに風向きによっては雨も防ぐことができるのでお勧めです。

台風時のバイクは、壁に寄せて風による転倒を防ぐようにしましょう。

方法6:バイクを構造物で固定する

台風の強風からバイクの転倒を防ぐには、バイクが倒れないように周りの構造物に直接固定するのも良い方法です。

例えば構造物といえば、

  • フェンス

などがあります。

これらの構造物にロープなどをつかって固定するわけです。

なお、固定する際のロープは以下のようなタイダウンベルトがいいですね。タイダウンベルトはとても丈夫で切れにくく、バイクを固定するにも向いています。

固定する箇所はバイクのハンドルかフォーク、フレームあたりがいいでしょう。

方法7:重りを利用する

バイクの駐車環境によっては、構造物に固定できない場合もあるかと思います。そういう場合はブロックなどの重りを利用して固定する方がいいです。

ただし、ブロックといっても1個や2個じゃ意味がないです。最低5個くらいは必要ですね。個人的には10個あれば完ぺきなのですが用意するのも面倒ですし、台風以外の日はただの荷物になるのでやはり5個くらいが妥当でしょう。

バイクの台風対策でさらに注意すべきこと

台風の強風からバイクの転倒を防ぐための方法を7つ紹介してきましたが、さらに注意すべきことがあります。それは「巻き添えによる被害」です。

巻き添えによる被害は主に2つ。

1つ目は飛散物です。たとえば台風時は飛散物がたくさんあります。それこそ暴風になれば、軽いバケツから重い看板や屋根などまで、なんでも飛んでくるわけです。その飛散物がバイクにあたらないようにバイクを保管、または駐車することが大事ですね。つまり、飛散物があたらないような場所にバイクを駐車する必要があります。

これはバイクの転倒とは少しちがう話ですが、バイクを傷つけない上で大切な話です。

他のバイクが台風対策をせずにその転倒による被害を受ける個ちょがあります。・いわゆるドミノ倒し、またじゃバイクによるスライディングタックルです(笑)。

たとえば、これはスクーターなどに多いことなのですが、なにも台風対策をせずに台風時に放置したスクーターが転倒し、そのまま暴風によってスライドし、車にぶつかっているケースを見たことがあります。これはバイクでも同じことが言えるわけで、バイクはガレージがない人は二輪車用の駐車スペースに停めていると思いますが、そのバイク

まとめ

さて、台風の強風からバイク転倒を防ぐ方法を書いてみました。

一応まとめてみますと、

  1. バイクカバーを外す
  2. ギアを1速に入れる
  3. フロントブレーキをロックする
  4. サイドスタンドを使う
  5. バイクを壁際に寄せる
  6. バイクを構造物で固定する
  7. 重りを利用する

以上の7つでバイクの台風対策はできます。

今回バイクの台風対策についてまとめた記事は、どれか1つの方法をとればいいというよりは複数掛け合わせて対策することが良いです。どれか1つで安心というよりは、できることは全てやった方が一番いいということです。

なお、お勧めは「方法1」〜「方法6」までです。方法7はあまり現実的ではないのですが一応、友人がやっている方法でして効果的だということなので書いてみました(笑)。参考になれば幸いです。

バイクの台風対策って少し面倒くさい方法ばかりなのですが、しかし台風の強風からバイク転倒を防ぎたいなら台風が来る前に事前に対策はしておきましょう。

それがバイクを傷つけない唯一の方法ですし、なによりライダーのメンタルにもいいのですから。

というわけで今回は以上です。