沖縄 ユーザー車検まとめ【バイク車検】

沖縄 ユーザー車検まとめ【バイク車検】 雑学

バイクの車検には2種類があります。

ひとつはバイク屋さんに預けてお願いする車検です。
もうひとつは、自分でやるユーザー車検です。

わたしは、自分で車検をとるユーザー車検にチャレンジしてみました。
結果、無事にGSX1300R隼の車検取得に成功!

というわけで今回は、バイクのユーザー車検についてやったことをまとめて紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

自賠責保険の加入

ユーザー車検に限らず、自賠責保険の加入は必須です。
しかも、自賠責保険に加入していなければ車検をうけることもできません。

ですので、事前に自賠責保険の加入は済ませておきましょう。

なお、自賠責保険の加入は損保保険を扱っている店舗で可能ですが、沖縄ではライコランド沖縄さんでも加入ができるので、便利ですよ。

ネットからユーザー車検の予約

バイクのユーザー車検は沖縄陸運事務所で行います。

バイクのユーザー車検は直接行って受けられますが、事前の予約も可能です。
その際、予約サイトから申し込まなければいけません。

基本、バイクのユーザー車検は混まないので直接行って手続きしても大丈夫だと思いますが、不安の方は事前にユーザー車検の予約を済ませておきましょう。

ユーザー車検の実施

保険の加入や書類等が準備できたら、ユーザー車検を受けられます。

ただ、検査場に行ってすぐに受けられるのではなく、重量税や印紙代の支払い、書類作成などがあります。

それらを済ませれば、検査場で車検をうけることができます。

なお、ユーザー車検にかかる時間は約20分ほどです。

まとめ

バイクのユーザー車検は意外にも簡単なものでした。

ちょっとした手続きはありますが、ユーザー車検が初心者でも問題なく車検の取得な可能です。

もし、何かわからないことがあれば、受付の方や検査員が親切丁寧に教えてくれるので、安心です。

また書類の作成が不安の方は、検査場の周辺に代書屋さんがあるので、そこでお願いすれば問題ありません。

ユーザー車検で大事なことは、事前の準備(書類や保険の加入)と違反のないバイクの状態(純正に近いもの)です。これらがちゃんと行われていないと、問題なく車検を取得することができます。

しかし、費用がとても安い。

バイクでのユーザー車検、個人的におすすめです。

SPONSORED LINK