隼 カウルの外し方【GSX1300R】

メンテナンス

バイクの整備はなるべく自分でします。
とくに簡単な作業であればなおさらです。

その際、隼のカウルを外すことがあるのですが、巷では大変な作業だという印象があるようですね。

個人的に隼のカウル外しは、そんなに大変な作業だと思っていないのですが、この際ブログでも紹介してみようと思います。

なお、今回は前期型の隼に限った話です。
後期型の隼はまた違った方法ですので、お間違えのないようお願いします。

隼のカウルを外す方法

隼のカウルを外す方法は簡単です。

  1. 10本のボルトとクリップを外す
  2. カウルを引っ剥がす

この2つの手順でカウルを外すことができます。

以下から詳しく解説していきますね。

1,10本のボルトとクリップを外す

隼のカウルは片側で「10本のボルト」と「3つのクリップピン」で装着されております。ですので、これらを外せば隼のカウルを外すことができます。

隼のカウルの上側にある1本のボルトと1個のクリップピンを外します。

まず上側から外します。
上側は1本のボルトと1個のクリップピンです。

隼のカウルのサイドにあるボルト8個を外します。

次にサイドのボルトを外します。
ボルトの数は8本です。

隼のカウルは下側に1本のボルトがありますので外します。

次は下側に1本のボルトがありますので、それを外します。

隼のカウルの内側にある2個のクリップピンを外します。

最後はカウルの内側にある2個のクリップピンを外します。
ここのクリップピンの外し方は、クリップピンの中央を押せばカチッと音がしますので、それで外します。

これで10本のボルトと3個のクリップピンが外れました。

2,カウルを引っ剥がす

10本のボルトと3個のクリップピンを外したら、次はカウルを引っ剥がします。

引っ剥がす方法は、カウルを隼のリア側にスライドするようにすると外しやすいです。ただ注意することはフロント側のあたりが引っかかることがあるので、そこを注意して外しましょう。

なお、隼のカウルはウレタン製で作られておりますので、強度があり柔軟性もあります。ですので多少、思いっきりやっても大丈夫ですので勇気をもって外しましょう。

動画で隼のカウルの外し方を公開

動画の方でも隼のカウルの外し方を公開しておりますので、もっと詳しく知りたい方は動画の方もご覧ください。

動画:隼 カウルの外し方(YouTube)

まとめ

さて、まとめます。

隼のカウルは外すのに難しいことはありません。
基本、目に見えているボルトやクリップを全て外し、カウルをスライドすれば簡単に外すことができます。

工具も車載工具だけでいいですし、時間も慣れればわずか10分程度でできます。

また、隼のカウルが外せるようになれば、メンテナンスの幅も広がりますのでおすすめです。

余談ですが、隼のカウル外しをプロにお任せすれば工賃5千円くらいは飛びます(汗)。なので、自分でカウルを外せるようになるとそれだけで5千円の節約ができるわけです。

かなりお得ですよね。
隼のカウル外し、自分でできたら魅力的だと思います。

隼のカウル外しを実践してみたい方は、今回の記事と動画をみて実践してみてください。

というわけで今回は以上です。