前期型の隼のレギュレーターはやばい。隼にMOSFETレギュレーターを検討してみる

隼のレギュレーターが気になります。

というのは、前期型の隼のレギュレーターは、リアカウルの中にあるからです。この位置では熱がこもり、レギュレーターが壊れると予想しています。

そんな訳で今回は、隼のレギュレーターについて少し考えてみたいと思います。

隼のレギュレーターの設置位置はダメなところにある!

前期型の隼のレギュレーターはリアカウルの中に設置されています。この場所はあまりいいとはいえません。

理由は、リアカウルの中にレギュレーターを設置していては自然風があたらないのです。結果、レギュレーターを冷やすことができず熱がこもってしまいます。

レギュレーターは電気を制御するパーツなので発熱しやすいものです。なので、できるだけ冷やすようにしなければいけません。

レギュレーターは自然風をあてて冷やすのがスタンダードなやり方です。その証拠にレギュレーターそのものには、エンジンフィンのように空冷されるようにできています。

しかし、前述したように前期型の隼のレギュレーターは設置場所がよくないのです。ですので、何か対策を考えたにといけませんね。

隼のレギュレーターを冷やそうと努力する人は多い

ネットの情報ですが、前期型の隼のレギュレーターを冷やそうと努力している人は多いです。

例えば、リアカウルのダクトにドリルで穴を開けて風を通そうとしたり、レギュレーターにパソコンのフィンをつけて強制的に冷やそうとしたり、いろいろ工夫されているようです。

僕もそれらを見習って、何か対策しよう思いました。

そしたら、ちょっと変わった方法を発見しました。
それは「MOSFETレギュレーター」です。

MOSFETレギュレーターを隼に検討してみる

MOSFETレギュレーターとは、これまでのレギュレターとは違い、発熱が少なく、電圧も安定して供給できるパーツらしいです。

ウィキペディアにもMOSFETレギュレーターのことが書いておりました。

ウィキペディア:MOSFET レギュレーター

MOSFETレギュレーターは発熱が少ないため、故障しにくいと言われています。

なんとなく良さそうなレギュレーターだと思いました。

これ、隼のようにカウルの中にあるレギュレーターには向いているパーツだと思いました。なので、今後、このMOSFETレギュレーターを隼につけるか検討中したいと思います。

ただ、このMOSFETレギュレーターは、スズキ製ではなくYAMAHA製になるようです。しかし、汎用性があるため流用できるみたい。とはいえ、コネクターは隼用に変えないといけないようなので、その辺だけ注意すればいいですね。

今後、MOSFETレギュレーターを装着したら、このブログでも紹介するかもしれません。

というわけで今回は以上です。