隼にMOSFET レギュレターを検討

新しい電装系パーツを検討中!

隼に限らず、バイクや車にとってレギュレターは重要なパーツだ。そのレギュレターだが、前期型の隼はリアカウルの中にある。

さて、そのレギュレターだけど。前期型のレギュレターが設置されている場所は、あまり良い位置ではない。その証拠に、後期型の隼ではレギュレターの位置が変更されている。そりゃそうだ。だって、レギュレターは発熱するパーツだから、なるべく風が当たる所に設置した方がいいのだ。

レギュレターの形を見たらわかると思うけど、発熱を防止する為に空冷フィンがついている。これは風をあてて冷やす為のものなんだが、しかし、前期型隼のレギュレターはリアカウルの中。これでは、空冷できない。

これは、前期型隼のオーナーたちはよく理解していて、リアフェンダーに穴を開けたり、小型ファンをつけるなどして工夫しているみたい。私も参考にさせてもらおうと思っていたけど、少し変わったパーツを見つけた。

それは、

MOSFET レギュレター

というパーツだ。

MOSFET レギュレターとは、これまでのレギュレターとは違い、発熱が少なく、電圧も安定して供給できるらしい。なにやら良いことずくめのパーツだと思い、ウィキペディアをみてみたら…。

ウィキペディア:MOSFET レギュレターとは

読んでみたが、正直、なんのことかわからんかった(汗)

とはいえ、これまでのレギュレターよりは良さげに思う。

今後、私の隼にもMOSFET レギュレターを装着するか検討中だ。一応、コネクターを隼用にしてくれている方を見つけたので、購入し、ぜひ試してみたいと思う。その時は、このブログでもレビューなんぞしてみたい。