バイクの挨拶「ヤエー!」について

雑学

バイカーやライダーには、お馴染みの挨拶があります。

その名も「ヤエー!」。

私はツーリング中にヤエーするのが好きな方ですが、最近はネガティブな意見も多いみたいですね。

単なるバイク乗り同士の挨拶にアレコレいうのもどうかと思うんですが、今回は、バイカーやライダーの挨拶ヤエーについて考えてみようと思います。

バイク乗りの挨拶「ヤエー」とは何か?

ヤエーとは、80年代に流行ったバイカー、ライダー同士の挨拶です。

最近はバイクブームのおかげか、またはモトブログのおかげなのか、再燃してきていますね。

そもそもこのヤエーという文化、いったいどうやってできたのでしょうか。

一説によれば、ヤエーというのは本来「YEAH!」(イエー)だったのですが、英語のスペル表記のミスで「YAEH!!」(ヤエー)になったんだとか。で、それがそのまま引き継がれて今でもヤエーって挨拶する人がいるってことらしいです(笑)

これ、なかなか面白いエピソードだと思います。バイカーらしいというか、人間らしいというか、ファジーな感じがして個人的に好きなエピソードですね。

そんなバイク乗りの挨拶「ヤエー」、私は楽しい文化だと思うのですが、最近はネガティブな意見もありますね。

例えば、

「ヤエーがうざい!」とか
「ヤエーがめんどい」など(苦笑)。

まあ、ヤエーするのも、そして返事するのも個人の自由だし、そもそもヤエーは単なる挨拶なんだからウザいってこともないと思うのですが…。

普通に「おはようございます」って言われたら、「ウザイ」とか「面倒い」と思わないのと同じで、あまり深く考えずにやりたい人だけがやればいいと思うのですが、さて、どうなんでしょう。

あなたはどう思いますか。

ヤエー!!の意味とは

バイク乗りの勘違いによってうまれた文化「ヤエー」ですけど、実はヤエーにはちょっとした意味があります。

その意味とは道中お気をつけてとのこと。これは、同じバイクをもつ仲間への労いの挨拶ともいえますね。

そういえば、バイクに限らず、タクシーとかトラック運転手も手をあげて挨拶しているのを見たことがありますが、あれもヤエーと同じ意味があるようです。

バイクに限らず、車にもそんな挨拶が根付いていたことに、何だかほっこりしてなりません。お互いを労って挨拶するというのが良い感じです。

見ず知らずの者同士が、労いの挨拶を交わす。

やっぱ、ヤエーという挨拶は、良い文化だと思います。

ヤエーのやり方

さて、ここまで読んできたあなたは、実際にヤエーをしたいと思っているんじゃないでしょうか(笑)。

ってことで、ここからはヤエーのやり方をお教えしましょう。

最近のヤエーのやり方

まず、ヤエーの基本は右手または左手で「ピース」することです。これが基本だったのですが、最近はいろんなやり方があります。

例えば、「両手をあげる」や「ウイリーしてピース」、他にも「走行中にバイクに立ってピース」などがあります。

片手をあげるだけならまだしも、ウイリーや走行中に立つなんて、少し危ない気がしますが。

とはいえ、ヤエーはテンションがあることなので、激しいリアクションをしたくなるのもわからなくはないですが。しかし、変な事故が起きてヤエーが危ないという風潮にならないように、注意してほしいです。

ちなみに。

ヤエーをどの手でするっていう話がたまに出るんですけど、そんな言い争いは不毛です。ヤエーは自由にやっていいと思います。

他人に迷惑をかけないように、そして事故が起きないように最善の注意すればいいんじゃないでしょうか。

なお、私のヤエーのやり方は左右の片手をあげたり、会釈したりすることが多いです。

もし、どこかで私を見かけてくださったら是非ともヤエーしてください。いや、私が先にするかもしれないけど、その場合は返事してくれたら嬉しいです(笑)。

ヤエーで注意すること

ヤエーは単なる挨拶ですが、個人的に思う注意点を以下に整理してみました。

私がヤエーする際、以下の3つのことに注意しています。

  1. カーブ中はヤエーをしない
  2. 無茶な姿勢の時はヤエーしない
  3. ヤエーして返事がなくてもヘコまない

それぞれ解説していきましょう。

1,カーブ中はヤエーをしない

まず、カーブ中はヤエーはしません。かわりに会釈で済まします。

なぜなら、カーブでの片手運転は危険ですし、それこそヤエーして事故ったら本末転倒ですからね。ヤエーの意味がありません。

なので、カーブ中のヤエーは極力控え、代わりに会釈をしております。

2,無茶な姿勢でヤエーはしない

また、無茶な姿勢でもヤエーはしません。

最近は、ウイリーや両手を離してヤエーするなど、無茶な姿勢でヤエーするのが流行りのようですが、なるべく危険な運転はしないようにしています。

そもそもヤエーの意味は「道中お気をつけて」です。

なら、無茶な運転しながら挨拶すべきではないというのが私の意見です。

3,ヤエーの返事がなくてもヘコまない

最後の注意点は、ヤエーして返事がなくてもヘコまないということ。

ヤエーをしても返事がなかったら寂しいもんがありますし、それは私も経験済みです。

返事がなさすぎて「俺って嫌われているかも…」なんて思うかもしれませんが(苦笑)、あまり深刻に考えずに、もっと軽い感じでヤエーをするといいと思います。

つまり、「ヤエーの返事がもらえなくても、次はヤエーを返してくれるだろう」というポジティブな姿勢で挑むほうがいいということ。

ヤエーという挨拶は、個人の自由なので、ファジーな感じでやっていきましょう。

ちなみに…。

ここ沖縄ではヤエーする人は少ないです…。

ウザがられているからなのか、または知らないからなのか、とにかくヤエーを返す人が少ないのです。

しかし、私はウザいと思われてもヤエーしつづけています(笑)。

まあ、たまに心が折れるときもありますが、そんな時は海でもみて癒されています。そして、立ち直ったらまたヤエーをしていますよ。

ちなみに、先日、沖縄にてヤエーの実験をしてみました。
以下の動画ではその模様が確認できるので、よかったらご視聴を。

今回は以上です。