隼のフロントフェンダーから金具を除去した話

GSX1300R 隼について

自分でバイクをいじるのが好きな方です。
先日も隼のフロントフェンダーを少しいじってみました。

理由は、フロントフェンダーを簡単に外れるようにするためにです。

なぜ、フロントフェンダーを外したいのか。
それをこれからお話ししましょう。

SPONSORED LINK

隼のフロントフェンダーを外したい理由

それは、フロントフォークのメンテナンスのためです。

隼のフロントフェンダーは空気力学のせいかタイヤに覆いかぶさっている形になっています。

隼のフロントフェンダーはいびつな形をしており空気抵抗も少ないだろうけど、フロントフォークのメンテナンスには邪魔な存在です。

そこで、フロントフェンダーを取り外したいのですが、実はフロントフェンダーには変な金具がついており、それが引っかかって取り外すことができないのです。

もし、今の状態でフェンダーを取り外すものなら、タイヤごと取り外さなければなりません。それはとても面倒ですよね。

そんなわけで、今回の加工をするに至りました。

今回の話は、前期型の隼でタイヤを外さずにフロントフェンダーを外したい方にお勧めの加工法です。

とはいえ、イレギュラーな加工法であるため自己責任でお願いします。

隼のフロントフェンダーについてる金具の正体は?

隼のフロントフェンダーについている金具は、ブレーキホースを束ねるものらしいです。

私の隼は、購入時から社外のブレーキホースとブレーキホースを束ねるパーツ(チュービングセパレーターよ言う)がついていたため、フェンダーについている金具は使用されていませんでした。

ですので、除去してもなんら問題ありません。

しかし、もしも、この記事を読んでいるあなたの隼が、純正のブレーキホースを使用しているなら、金具は使用していると思います。

なので、今回の加工をやるなら社外のブレーキホースに交換するか、最低限、ブレーキホースを束ねるパーツに交換することが必要です。

ちなみに、ブレーキホースを束ねるおすすめのパーツはACTIVE(アクティブ)の「チュービングセパレーター」です。これで簡単にブレーキホースを束ねることができます。

アクティブ(ACTIVE) チュービングセパレーター

社外のブレーキホースに交換すれば、チュービングセパレーターもあらかじめついているので、一緒に変更したい方はセットものがおすすめです。

GSX1300R 隼用 社外ブレーキホース

隼のフロントフェンダー加工方法

では、ここから隼のフロントフェダーについている金具の除去方法を紹介していきましょう。

隼のフロントフェンダーについている金具は2本のリベットで取りつけられています。なので、ドリルでリベットをほじくれば簡単に除去することができます。

やり方は以下の動画で解説しておりますので、良かったらご視聴ください。

なお、今回、使用した道具は以下の2つです。

リョービ(RYOBI) 充電式 インパクトドライバー

iHelp(アイヘルプ) 六角軸鉄工用ドリルセット 15本セット IH-714

この2つの工具でリベットをほじくりました。

とても簡単な加工でしたが、自己責任でお願いしますね。

今回は以上です。

SPONSORED LINK