隼のフロントフェンダーの金具を除去した方法

ども、RYUKYU RIDER です。

隼のフロントフェンダーが邪魔

隼の洗車をしているとき、そう思った。

隼のフロントフェンダーは、見た目がゴツくてカッコイイが、こと洗車となれば話は別。そのゴツさゆえ、フォーク周りに手が入らず綺麗に洗車することができない。

フロントフェンダーが気軽に外せればいいけれど、しかし、変な金具がついていてそれもできないまま。これまでは諦めていたが今回は、意を決してフロントフェンダーの金具を取り除くことにした。

というわけで今回の記事は、隼のフロントフェンダーの変な金具を除去する方法を紹介しよう。

変な金具の正体

隼のフロントフェンダーに取り付いている金具
隼のフロントフェンダーに取り付いている変な金具

隼のフロントフェンダーに付いている変な金具を調べたところ、その正体はブレーキホースを束ねるものらしい。

ぼくの隼は中古で購入したバイクで社外のブレーキホースがはじめから付いていた。そのため、社外のパーツでブレーキホースが束ねられており、この金具は使われていない。なのでぼく自身は金具を心置きなく除去することができるが、普通は純正のブレーキホースであり、おそらく金具も使用していると思う。

もしブレーキホースが純正でありながら金具を除去したい場合は、まずはじめに、社外ブレーキホースの交換からお勧めする。理由は、社外ブレーキホースにはホースを束ねるパーツが付いており、純正の金具は使用しないから。なので、今回の記事は、社外ブレーキホースが取り付いているということが前提になる


ACパフォーマンスライン(AC-PERFORMANCELINE) ブレーキホース/スモーク [ソケット ブルー/レッド] 【GSX1300R隼(’99-’07)】 フロント用(Sタイプ)

隼のフロントフェンダー加工手順

フロントフェンダーの金具はリベットで取り付いているので、それをドリルでほじくって除去すればいい。作業自体はとても簡単で、実際にやってみてわかった注意点を2つ紹介しよう。

  1. リベットに対しドリルを垂直に押し当てること
  2. 押し当てる際の力は強くしないこと

この2点を注意すれば、簡単に金具を除去することができる。

なお、今回の作業を動画で撮影したので、よかったら以下からどうぞ。

今回、使用した工具

今回使用した工具は「ドリル」と「キリ」だ。

ドリルは「リョービ(RYOBI) の充電式インパクトドライバー」。

リョービ(RYOBI) 充電式 インパクトドライバー 12V BID-1260 658425A

キリは金属用を選んだ。


iHelp(アイヘルプ) 六角軸鉄工用ドリルセット 15本セット IH-714

リョービ(RYOBI) の充電式インパクトドライバーは、コードレスなので野外でも簡単に作業することができた。性能はとてもよく、パワフルであり、バイクの整備以外のDIYにも使えそうだ。

キリについては、いろいろ種類があるのでご自分の好きなものを選ぶといいだろう。

まとめ

今回の記事は、隼のフロントフェンダーを外すための加工手順だ。

DIYが得意な方であれば簡単にできる作業だけど、もし、苦手ならやらないほうが無難だと思う。

一応、その辺は自己責任でお願いしたい。

SPONSORED LINK