隼のフロントフェンダー加工

フロントフェンダーの金具(ブレーキクランプ)を除去した話

こんにちは、RYUKYU RIDERです。

先日、隼のフロントフェンダーを加工しました。加工といっても小さな金具を除去しただけなのですが、しかし、この加工には大きな効果があります。

どんな効果があるかといえば、メンテナンスがしやすくなるということです。

例えば、フォーク周りの清掃やタイヤの交換など、作業がとても楽になるのです。

おそらく隼乗りの中で、こんな加工をしている人はいないとおもいますけど、僕はやりましたね(笑)

フロントフェンダーの加工をした理由は、なるべくバイクのメンテナンスは自分でしたいと思う方なので、メンテナンス作業に効果がありそうなことは積極的にやるのです。

フォーク周りは綺麗に清掃したいし、フォークの錆防止にもフロントフェンダーがない方がいいので、加工をした次第です。

さて、そんなフロントフェンダーの加工ですが。需要があるかわかりませんが、一応、このブログでもやり方を紹介したいとおもいます。

その前に、除去した金具について解説をば。

隼のフロントフェンダーについてる金具は何のため?

隼のフロントフェンダーを加工

隼のフロントフェンダーについている金具は、なまえを「ブレーキクランプ」といいます。これはブレーキホースを束ねるもので、隼の純正フロントフェンダーには必ずついているものです。

このブレーキクランプは僕の隼にも例外なくついていたのですが、ぼくの隼は購入時から社外のブレーキホースがついておりまして、純正のブレーキクランプは使用されていませんでした。

代わりに「チュービングセパレーター」たるものがついておりました。

アクティブ(ACTIVE) チュービングセパレーター

純正ブレーキホースであれば普通なら使用されている部分。ですが、僕の隼では使用されてないのでブレーキクランプを除去したいとおもいます。

隼のブレーキクランプを除去する方法

隼のブレーキクランプのリベット

ここから、隼のフロントフェダーについているブレーキクランプの除去する方法を紹介します。

やり方はとても簡単です。

ブレーキクランプを固定している2本のリベットをドリルでほじくり、穴を開けるだけです。それだけでブレーキクランプを除去することができます。

使う工具は電動ドリルとキリだけ。

リョービ(RYOBI) 充電式 インパクトドライバー

iHelp(アイヘルプ) 六角軸鉄工用ドリルセット 15本セット IH-714

僕は、これらの工具をつかってフロントフェンダーのブレーキクランプを除去しました。

現在は、隼のフロントフェンダーの脱着がとてもやしやすくなっており、フォーク周りのメンテナンス作業効率が格段にアップしました。

とても便利です。

動画でも解説

今回の記事の内容は動画の方でも解説しております。
良かったらご視聴ください。