隼のフォークの錆を防ぐ方法

隼のフォークの錆防止は必須です。

なぜなら、フォークの表面が錆びると、ブーツの破損してしまいオイル漏れを引き起こしてしまうからです。そうならない為にも日頃からフォークの錆防止は実践しておきましょう。

というわけで今回は、隼のフォークを錆防止する方法を紹介したいと思います。

隼のフォークを錆防止する

隼のフォークを錆防止するためにフロントフェンダーを取る

隼のフォークを錆防止するには少し手間がかかります。

まず、フロントフェンダーを外します。なぜならフォークの裏側まで手が入らないため、フロントフェンダーを取る必要があるのです。

しかし、フロントフェンダーを外すにはキャリパーを外し、アクスルを回してタイヤごと外さなければいけません。

これが前期型の隼の難点です。

しかし、僕の隼は、そんな手間が入りません。というのは、隼のフロントフェンダーを取り外しやすいように加工しているからです。そのため、タイヤを外すことなくフロントフェンダーを取ることができます。

詳しくは「隼のフロントフェンダーから金具を除去した話」をご一読ください。

では、隼のフロントフェンダーが外せるという前提で、以下から画像付きでフォークの錆防止を解説していきます。一応、僕なりの方法です。

隼のフォークの錆を防止する手順
  1. フロントフェンダーを外す
  2. フォーク(インナー側)にケミカルを塗る

手順1:フロントフェンダーを外す

隼のフロントフェンダーを外す

まず、隼のフロントフェンダーを外します。
フロントフェンダーは6本のボルトを外せば取れます。

手順2:フォークにケミカルを塗る

フロントフェンダーを外すことができたら、フォークに直接さわることができます。

フォークの錆防止にはケミカルを使用しますが、個人的に好きなケミカルは以下の2つです。

ワコーズ SL シリコーンルブリカント(ゲル状)
ワコーズ SL シリコーンルブリカント シリコーン系潤滑スプレー 420ml A230 [HTRC2.1]

サビプロテクトスプレー(オイル)
MOTOREX(モトレックス) MOTOREX サビプロテクトスプレー 500ml 90329 メンテナンス

それぞれ特徴があるのですが、いずれもフォークのサビを防止してくれるケミカルなのでほぼ違いはあまりありません。オイルかゲル状かという違いだけです。

ですので、好みで使えばいいと思います。

ケミカルの使い方は簡単です。錆防止のケミカルを直接または手に塗ってフォーク(インナー側)につけるだけです。フォーク(インナー側)全体にのばせば終了です。

動画で隼のフォークの錆防止する方法を紹介

動画の方でも隼のフォークを錆防止する方法を公開しております。
よかったらご覧ください。

フォークを錆防止する頻度

フォークを錆防止する頻度は決まっておりません。
自由でいいと思います。

とはいえ1年に1回では少なすぎます。
できれば月1くらいのペースで行うのがいいと思います。

とくに海が近い地域では塩害があるので錆防止の頻度は多い方がいいです。そんな僕は2週間に1回のペースでフォークに錆防止のケミカルを吹きつけています。

この頻度が正しいかどうかは知りませんが、参考にしてください。

というわけで今回は以上です。