隼の燃料はハイオク?レギュラー?

隼のエネルギー源を考察

こんにちは、RYUKYU RIDERです。

今回は、隼のエネルギー源である燃料(ガソリン)の話です。

これから隼に乗りたいと思っている人の中には、隼の燃料ってハイオクなのか、それともレギュラーなのか疑問にもっている人もいるとおもいます。

実際、隼にはどの燃料がいいのでしょうか。

結論からいえば、隼に最適な燃料は「ハイオク」です。

理由は3つ。

  1. メーカーであるスズキが推奨している
  2. 隼のエンジンが高出力だから
  3. エンジン内にカーボンがたまりにくいから

とくに「3」は重要です。

ハイオクはレギュラーガソリンに比べて、カーボンがたまりにくい性質をもっています。簡単にいえばレギュラーガソリンよりも綺麗なガソリンだということ。

これは隼のエンジンの調子にも関係することでして、ハイパフォーマンスな隼に乗りたかったら、やっぱりハイオク一択です。

それに私見ですが、カーボンはバイクにとって天敵なのです。

というのは、エンジン内部にカーボンがたまると、エンジンの故障につながることがあるからです。その故障は最悪な場合、エンジンをフルオーバーホールしなければいけないほどになります。

これはカーボンがエンジン内部のパーツを傷つけてしまい、それが原因でピストンやらシリンダーやら、その他もろもろのパーツを損傷してしまうのです。結果、エンジンブロー。もうオーバーホールしか打つ手がなくなります。

そんな風にならないためにも、日頃からエンジン内部にカーボンがたまらないような配慮が必要です。その配慮とは、なにを隠そう燃料をハイオクにすることになります。

「でも、ハイオクって高いんだよなぁ」

と思う人もいるでしょう。

確かにハイオクは高い。昨今のガソリン代は上がってきているので、いくらバイクのガソリンといえどバカにはできない金額になります。

なので、ガソリン代をケチりたくなるのもわからなくないのですが、しかし、よく考えてほしいのです。

ハイオクがいくら高いといっても、レギュラーガソリンとの差はわずか「10円」程度です。その10円の差でバイクのエンジンに悪影響がある、または調子が悪くなる、エンジンOHが必要になる、というような要因を回避できるならば、安いとおもいませんか。

たった10円の差でバイクライフが長くなるのです。しかも、エンジンの調子もよくて、好きなバイクにずっと乗っていられる。ぼくはそんなバイクライフを送りたいので、隼にハイオクを入れています。

つまり、長い目で見れば、ハイオクの方が断然いいということ。僕はそう思いますが、この記事を読んでいるあなたはどう思いますか?

さて、隼の燃費についての動画を収録しました。よかったらご視聴ください。

関連記事:隼の燃費