隼のリアカウル(シートカウル)の外し方【メンテナンス】

ども、RYUKYU RIDERです。

今回は、隼のリアカウル(シートカウル)の外し方を記事にしてまとめます。

隼のリアカウル(シートカウル)外しは、レギュレーター交換やテールランプ交換、CPU診断をする際には欠かせない作業です。なので、覚えておいて損はしません。隼オーナーでしたらリアカウル(シートカウル)くらい外せるようになりましょう。

というわけで、以下から隼のリアカウル(シートカウル)の外し方を解説します。

隼のリアカウル(シートカウル)を外すときに使う工具

隼のリアカウル(シートカウル)脱着方法

隼のリアカウル(シートカウル)を外す際に必要な工具は車載ツールのみでOKです。

車載ツールは隼のリアシートの下にあるので、それを使えばいいでしょう。もちろん、自分が親しんだ工具を使ってもいいです。基本、隼のリアカウル(シートカウル)を外すのに特殊工具は必要ありません。

使う工具は「六角レンチ」と「プラスドライバー」だけです。
隼のリアカウル(シートカウル)の外し方は、そんなに難しい作業ではないので工具もシンプルです。

隼のリアカウル(シートカウル)を外す手順

ここから隼のリアカウル(シートカウル)を外す手順を画像付きで解説します。

隼のリアカウル(シートカウル)の下にあるクリップ(合計6個)を外します。
手順1:隼のリアカウル(シートカウル)の下にあるクリップ(計6個)を外します。
隼のリアカウル(シートカウル)の横についているボルトを外します。
手順2:隼のリアカウル(シートカウル)の横についているボルト(計2個)を外します。
隼のフロントシートを外します。
手順3:隼のフロントシートを横にあるボルト(計2本)を取って外します。
隼のリアカウル(シートカウル)の上についているボルト類とクリップをすべて外します。
手順4:隼のリアカウル(シートカウル)の上についているボルト類(計6本)とクリップ(計2個)をすべて外します。
シート鍵のワイヤーを外します。
手順5:シート鍵のワイヤーを外します。
テールランプのカプラーを外します。
手順6:テールランプのカプラーを外します。
隼のリアカウル(シートカウル)を少し横に広げな
がら外します。外す際は、丁寧に、ゆっくりと外します。
手順6:隼のリアカウル(シートカウル)を少し横に広げな
がら後ろへスライドさせて外します。外す際は、丁寧に、ゆっくりと外します。
隼のリアカウル(シートカウル)が外れました。
見事、隼のリアカウル(シートカウル)が外れました。

以上が隼のリアカウル (シートカウル)の外し方です。

ちょっと手順は多いですが、DIYでも簡単にリアカウル (シートカウル)を外すことができます。ポイントとしてはリアカウル(シートカウル)を後ろへスライドさせる時に丁寧に行うことです。

なお、隼のリアカウル(シートカウル)を取り付ける場合は、手順を逆にすれば可能です。

今回の記事に関連して「隼のサイドカウルの外し方」もまとめてあります。興味があればどうぞ。

【注意】隼のリアカウル(シートカウル)を外すときに絶対に忘れてはならないこと

さて、隼のリアカウル(シートカウル)の外す際に、ひとつだけ注意を書いておきます。

上で書いた手順の中で「シート鍵ワイヤー外し」と「テールランプのカプラー外し」があると思いますが、これらは隼のリアカウル(シートカウル)の装着時には、絶対に忘れないようにしてください。

例えば、テールランプのカプラーをつけ忘れたら、当然ですがブレーキランプがつきません。ブレーキレバーを握ってもランプがつかないので、もしつけ忘れてしまいそのまま走行でもしたら後続車から追突される恐れがあります。ですので、隼のリアカウル(シートカウル)装着の際は必ずテールランプのカプラーを装着するのを忘れないでください。

シート鍵のワイヤーも同様です。

もしも、シート鍵のワイヤーを装着しないで隼のコブやリアシートを装着したらもう大変です。コブ、またはリアシートが鍵をつかっても開けることができなくなります。つまり一生、貼りついたままです。無理やり開けるには、コブを壊すかリアシートを壊すか、またはリアカウル(シートカウル)を壊すしか方法がありません。

一応、隼のリアカウル(シートカウル)を壊さないで外す方法があるようですが、残念ながら僕は知りません。

ですので、隼のリアカウル(シートカウル)の装着には、しっかりと確認してから行ってください。

つまり、「シート鍵ワイヤーの取付」と「テールランプのカプラー取付」は必須です

絶対に忘れないようにしましょう。

まとめ【隼のリアカウル(シートカウル)外し方 動画あり】

さて、隼のリアカウル(シートカウル)の外し方はいかがでしたか。

手順こそ多いものの簡単にできると思います。
DIY初心者でもできる作業ですので、よかったらチャレンジしてみてください。

なお、今回の記事の内容は動画でもご覧いただけます。
よかったらご視聴をば。