隼のカウルの値段。部品番号と値段も公開。

GSX1300R 隼

隼はご覧のとおり、カウルがついているバイクです。
このカウルは空力特性を追求した形であり、隼を覆うように作られています。

カウルには「隼」のデカールが大きく掲げられ、隼たるアイデンティティを主張していますね。

そんなカウルですが、ひとたび立ちゴケでもしたら傷つくのは必至。大抵は、カウルに引っかき傷のような跡がつきますが、最悪な場合、ヒビ割れしたり、穴があいたりします。そうなったら交換しなければカッコ悪いですよね。

一応、パテ埋めでも修正できそうな感じですが、しかし、隼のカウルの曲線はなかなか再生できるものではありません。

私はまだ立ちゴケをしたことないので(絶対にしたくない)、こんな記事を書くのもどうかと思いましたが。しかし、もしもの時ためにカウルについて考えてみようと思います。

つまり、隼のカウルはいったいどのくらいの値段がするのだろうか、を調べようというわけです。

今回は、実際にバイク屋にてヒアリングしたのと、パーツリストにて調査したことを記事にしてみたいと思います。

カウルの種類

まず、隼のカウルの種類について整理してみましょう。

隼のカウルはいったい何種類あるのでしょうか。

私の隼をみた結果、隼のカウルは4つの構成でできていました。

  1. アッパーカウル
  2. リアカウル
  3. アンダーカウル
  4. サイドカウル

あの大きな車体を包んでいるカウルにしては、とてもシンプルな構造です。意外と少ないように思います。

一応、これらのカウルを解説しますと。

  • アッパーカウル → ヘッドライトの所
  • リアカウル → シートがついている所
  • アンダーカウル → 一番下についている小さなカウル
  • サイドカウル → 「隼」のデカールがある所

この他には、フロントフェンダーがありますが、これは今回のカウルには入れていません。

では、以下からカウルの値段をお教えしていきますね;

カウルの値段

実際にバイク屋に聞いて、カウルの値段を聞いてみました。

その答えは、全てのカウルを交換した場合、ざっと 25万円〜30万円 はかかと言われました。

しかし、カウルの値段には変動があるため、明確な価格は出せないとも言われました。おおよその値段として考えるといいかもしれませんね。

で、自分なりにパーツリストをみて、それぞれの値段を調べてみました。
その結果が以下の通りです。

部品および品番(〜0’7までの隼)値 段
アッパーカウル(94401-24F80-YAY Black)55,165円
サイドカウル(94407-24FA1-YAY Black)64,376円(片側)
リアカウル(47110-24F30-YAY Black)33,459円
アンダーカウル(94660-24F00-YAY Black)9,635円

これは前期型の隼の場合です。

後期型の隼は、もう少し値段が高くなります。なぜなら、サイドカウルがに分割されており、それぞれが結構なお値段するからです。

もし、立ちゴケしたら…

今回の記事は、カウルの値段だけに絞ったものですが。もし、隼で立ちゴケでもしたらどうなるのでしょうか。

隼で立ちゴケしたら、実はカウルの交換だけでは済みません。これは、全てのSS系バイクに共通していることですけど、立ちゴケの被害はカウルだけにとどまらないのです。

例えば、立ちゴケをしたら以下の部分が破損、または傷つくと言われています。

  • レバー
  • エンドバー
  • マフラー
  • ステップ(バンクセンサー)
  • エンジン(クランクケースなど)
  • フロントフェンダー
  • ミラー

もし、隼で立ちゴケして全てのパーツを新品に交換するとしたら、

35万円〜40万円

はかかるでしょう。

ちなみに、パーツ代だけの話です。工賃は含まれておりません。なんとも痛い話ですよね。

隼のカウルを安く済ませる方法

隼の新品カウルの価格が高いということがわかりましたが、いろいろ調べている中で安く済ませる方法が見つかりました。

その方法は2つ。

まず1つ目は、ヤフオクで中古パーツを手に入れることです。
ヤフオクには前期型の隼をはじめ、後期型の隼のパーツも出回っています。

しかも、傷もあまりついていないカウルもあるので、程度がいいものを一式揃えておくのも良い方法です。色はできれば揃えたほうがいいですけど、色はあとで塗り替えることができますからその辺は気にしなくてもいいかもです。

次に、2つ目の方法ですが、カウルを社外品にすることです。

実は、カウルには純正の形状と同じタイプの社外カウルがあります。このカウルが、質も良さそうの上、価格も良心的です。

純正カウルは、上でも書いたように価格が30万円くらいかかりますけど、社外カウルは、5万円〜7万円です。とてもお買い得なカウルといえます。

一応、材質はABS樹脂です。純正のようにウレタンではないので強度的には弱いかもしれませんが、単なる風があたる箇所なのであまり気にしなくてもいいかもしれません。

一応、社外のカウルを以下に掲載しておきます。

◼️前期型の隼の社外品カウル


Sportfairings バイク外装パーツ フルカウル 適合 Suzuki GSX-R1300 GSXR 1300 隼 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 年 黒緑色の炎

◼️後期型の隼の社外品カウル


Sportfairings バイク 外装パーツセット 適合 鈴木 Suzuki GSX-R1300 GSX-R GSXR 1300 隼 2008 – 2015 09 10 11 12 13 14 年 パール青と黒 エンクロージャ

まとめ

隼のカウルの値段をいろいろ調べてみたけれど、純正はけっこう高いですね。まぁ、純正ですから品質は保証付ですので、仕方ないと思いますが。

しかし、やっぱり高い(涙)

というわけで、絶対に隼で立ちゴケしたくないと思いました。

今回は以上です。