CB750 RC42にヘルメットロックを取り付ける方法

CB750 RC42

こんにちは、RYUKYU RIDER です。

バイクには純正でヘルメットを引っ掛けてぶら下げるようなものがついています。これはヘルメットホルダーとかヘルメットフックと呼ばれ、ヘルメットを盗難から守るためや手荷物にしないためのものですが、純正のものはなかなか使いづらいです。

ことCB750 RC42にも同じことが言えます。

CB750 RC42はシートの中にヘルメットフックがついているのですが、これがそのままでは使いづらい。なので、社外品のヘルメットロック(ヘルメットホルダー)を取り付けることにしました。

というわけで今回は、CB750 RC42にヘルメットロックを取り付ける方法を紹介したいと思います。

CB750 RC42専用のヘルメットロック

CB750 RC42にも純正のヘルメットフックはついています。しかし、これがなかなか使いづらい。

ぼくのヘルメットはSHOEIなのですが、その顎紐の部分が短くてCB750 RC42のヘルメットフックに届かないのです。まぁ、なにかアイテムを追加すれば使えるかもしれませんが、しかし、いちいちシートを取り外さないといけないという面倒くささがあります。

それよりももう少し簡単で、しかも頑丈で使いやすいものにしようと思いました。

それで見つけたのが以下の「CB750 RC42専用のヘルメットロック」です。

CB750 RC42専用のヘルメットロック

CB750 RC42専用のヘルメットロックはKIJIMA製で前期、後期のCB750 RC42ともに取り付けることができます。このヘルメットロックは、CB750 RC42でバイクツーリング後、ヘルメットをどうしようか迷っている方に最適なアイテムになると思います。

ちなみに、取り付ける箇所はリアのグラブバーの部分で、見た目も違和感なくカッコいいです。ヘルメットロックはヘルメットをがっちりと固定してくれるので、もう盗難の心配もいりませんね。

さて、ヘルメットロックはぼくも取り付けました。以下から、CB750 RC42にヘルメットロックを取り付ける方法を紹介します。

CB750 RC42にヘルメットロックを取り付ける方法

CB750 RC42にヘルメットロックを取り付ける方法はとても簡単です。

まず、バイクの進行方向に向かってグラブバーの左部分のボルトを2本外します。使う工具は六角一本だけです。

2本のボルトを外せば、あとは専用ボルトと専用カラーを使って、ヘルメットロックを取り付ければ完成です。この際、ネジロックをつけてボルトの緩め防止をしてもいいかもしれません。

以上が、CB750 RC42にヘルメットロックを取り付ける方法です。簡単ですよね。

一応、文字だけだとわかりづらいと思いますので、動画でも収録してみました。よかったら以下をクリックしてご覧ください。