隼にスマホホルダーを取付ける方法

デイトナのマルチバーホルダーにサインハウスのスマホホルダーを取り付けます。

ども、Ryukyu Rider です。

バイクでツーリングをする際、知らない土地なら地図が必要です。そんなとき、スマホでグーグルマップを使うこともありますが、しかし、いちいちバイクを停車してから見るのは面倒。

もしも、地図を見ながらバイクを運転することができたなら、どんなに楽でしょうか。とくにハンドル周りにスマホが置けるなら、地図をみながらでも運転ができるし便利ですよね。

そこで、スマホホルダーという用品に目をつけたのですけど、しかし、隼のハンドル周りにはそのスマホホルダーを設ける場所がない。

模索した結果、こんな用品を見つけました。

隼のマルチバーホルダーの取り付け方法を解説したブログ。

これはデイトナの「マルチバーホルダー」という用品です。

多目的で便利なマルチバーホルダーとは

デイトナのマルチバーホルダーとは、隼のハンドル周りに設ける多目的な棒で、スマホホルダーやその他のパーツを取り付けることができる便利なもの。

このマルチバーホルダーを隼のハンドルに取り付けることができれば、お目当のスマホホルダーを取り付けることができます。これで、ツーリング中でもスマホで地図をみながら運転することが可能になりますね。

DAYTONA(デイトナ) 車種別マルチバーホルダー ゴールド GSX1300R HAYABUSA(’99~’16) 95374

早速、デイトナのマルチバーホルダーを注文しました。

マルチバーホルダー取付手順

1週間後、デイトナのマルチバーが届きました。実際に隼に取り付けてみたので、その手順を以下から紹介していきましょう。

まず、隼のハンドル部分にあるボルトのキャップを取り外します。マイナスドライバーだとなんだか傷つきそうだったので僕は素手でとりました。

隼のハンドルにあるビスのキャップを外します。
ボルトのキャップを取り外す

ボルトキャップをとったら上は「六角」、下は「14mmメガネレンチ」を使い、ボルトを挟みこんで外します。

隼のハンドルのボルトを外した画像です。
「六角」と「14mmメガネレンチ」でボルトを外す。

以下の画像はボルトをとった時の画像です。このボルトは使用しませんので大切に保管しておきましょう。

隼のハンドルのボルトです。ワッシャーとナットが付いています。

ハンドルの手前側のボルトを左右2本とったら、マルチバーホルダーを取り付けます。

取り付け方法はとても簡単。マルチバーホルダーのステーをハンドルの上にのせ、付属のボルトを使用して取り付けます。その際、ボルトの間にはカラーがあるので、それも忘れずにいれて取り付けていきます。

取り付け模様は以下の通りです。

隼のマルチバーホルダーの取り付けです。
デイトナのマルチバーホルダーを取り付けた画像

これでスマホホルダーを取り付ける環境が整いました。

ちなみに、今回選んだスマホホルダーはサインハウスのアルミ製 ユニバーサルホルダーというもの。

このスマホホルダーを選んだ理由は、とても丈夫だからです。走行中にスマホがズレることもないし、飛ばされることもありません。しかも、軽くて見た目もオシャレなので気に入っています。


SYGN HOUSE(サインハウス) ABC-4 M8シリーズABCセット Smart Phone ユニバーサルホルダー タイプ3 22.2mm 00078338

よく安っぽいスマホホルダーなどが売っていますが、あれは少し危険ですね。なぜなら、スマホのホールドが甘いので、高速道路などのような走行風が強い場合は飛んでいってしまう可能性があるからです。少々、お値段が高くてもスマホホルダーは丈夫なものを選びましょう。

スマホホルダーを隼に取り付け

さて、マルチバーホルダーを取り付けたので早速、スマホホルダーを取り付けてみました。

デイトナのマルチバーホルダーにサインハウスのスマホホルダーを取り付けます。

いかがでしょうか。なかなか良い感じにできてると思います。

これでスマホでナビもできますし、便利になりました。

まとめ

隼のハンドル周りは、けっこう窮屈なのでスマホホルダーの取り付けに悩んでおりましたが、マルチバーホルダーという便利な用品を見つけることができたので、イメージ通りに取付けることができました。

見た目も手頃の大きさなので、違和感なくハンドルも握れます。なかなかいい用品に出会ったと思う今日この頃です。大切につかっていこうと思います。