隼にスマホホルダーを取り付る方法

ハンドルにグーグルマップを置いてツーリングを快適にしたい

バイクでツーリングする際、知らない土地なら地図が必要だ。そんなとき、スマホでグーグルマップを使うこともあるが、しかし、いちいちバイクを停車してから見るのは面倒に思う。

もしも、地図を見ながらバイクを運転することができたなら、どんなに楽だろうか。

とくにハンドル周りにスマホが置けるなら、地図をみながらでも運転ができるし便利に思う。そこでスマホホルダーという用品に目をつけたのだけど、しかし、隼のハンドル周りにはそのスマホホルダーを設ける場所がない。

模索した結果、こんな用品を見つけた。

隼のマルチバーホルダーの取り付け方法を解説したブログ。

これはデイトナの「マルトホルダー」という用品だ。これは隼のハンドル周りに設ける棒で、スマホホルダーやその他のパーツを取り付けることができる便利な棒。

このマルチバーホルダーを隼のハンドルに取り付ければ、スマホホルダーを自由に取り付けることができる。これで、ツーリング中でもスマホで地図をみながら運転することが可能だ。


デイトナ(DAYTONA) 車種別マルチバーホルダー ゴールド GSX1300R HAYABUSA(’99~’16) 95374

そこで早速、デイトナのマルチバーを注文した。

隼にデイトナのマルチバーホルダーを取付

1週間後、デイトナのマルチバーが届いた。すぐに隼に取り付けてみたので、その手順を以下にまとめようと思う。

まず、隼のハンドル部分にあるボルトのキャップを取り外す。マイナスドライバーだと傷つきそうだったので素手でとった。

隼のハンドルにあるビスのキャップを外します。
ボルトのキャップを取り外す

キャップをとったら「六角」と「14mmメガネレンチ」でボルトを挟み、外す。

隼のハンドルのボルトを外した画像です。
「六角」と「14mmメガネレンチ」でボルトを外す。

以下の画像はボルトをとった時の画像だ。

隼のハンドルのボルトです。ワッシャーとナットが付いています。

ハンドルの手前側のボルトを2本とったら、マルチバーホルダーを取り付ける準備が整ったということになる。あとは逆の手順でマルチバーホルダーを取り付ける。

取り付け方法はとても簡単。マルチバーホルダーのステーをハンドルの上にのせ、付属のボルトを使用して取り付ける。その際、ボルトの間にはカラーがあるので、それも忘れずにいれて取り付けていく。

取り付けたら、以下のようになった。

隼のマルチバーホルダーの取り付けです。
デイトナのマルチバーホルダーを取り付けた画像

これでスマホホルダーを自由に取り付ける環境が整った。早速、スマホホルダーを取り付けてみた。

ちなみに、私の愛用しているスマホホルダーはサインハウスのアルミ製 ユニバーサルホルダーというもの。このスマホホルダーはとても丈夫で走行中にズレることもないし、スマホが飛ばされることもない。しかも、軽くて見た目もオシャレだ。

見てもお分かりの通り、安っぽいスマホホルダーとは全然違うスマホホルダーと言える。


SYGN HOUSE(サインハウス) ABC-4 M8シリーズABCセット Smart Phone ユニバーサルホルダー タイプ3 22.2mm 00078338

このスマホホルダーをデイトナのマルチバーホルダーに取り付けてみた。すると以下のような感じになった。

デイトナのマルチバーホルダーにサインハウスのスマホホルダーを取り付けます。

我ながら、なかなか良い感じにできたと思う。

自分の好きなバイクには、是非ともオシャレなスマホホルダーを取り付けたい、そう私は思っている。今回の用品は、ベストな選択だったと思う。