隼が復活!? 突然のエンストの原因はやっぱり「レギュレーター 」だったという話

GSX1300R 隼

先日、こんなツイートをしました。

同じくこのブログ内の記事にも「隼が走行中に突然のエンスト。エンジンがかからない原因は?」を書きました。

当初、隼のエンストの原因がわからなかったのですが、私なりに疑わしい箇所がいくつかありまして、そのひとつが「レギュレーター」でした。

先頃、そのレギュレーターが届きましたので、今回はレギュレーターの取り付けとちょっとした失態について語ろうと思います。

SPONSORED LINK

隼のレギュレーターを新品に交換(MOSFETレギュレーター )

隼のレギュレーターを新品に交換しました。

今回、交換したレギュレーターは『MPSFETレギュレーター』です。

前期型の隼のレギュレーターはやばい。隼にMOSFETレギュレーターを検討してみる

2018年11月3日

これは隼の純正のレギュレーターではありませんが、汎用性があるので使用しました。また、純正のレギュレーターよりも性能がよかったので、今回は試しに採用した次第です。

なお、価格は本体が 15,000円 ほど…(ハーネスは別)。

試しにと言えるほど安い買い物ではありませんけど、とはいえ、やはり性能がいいと思ったので使ってみました。

このMOSFETレギュレーターについては別の記事で詳しく解説していきたいと思います。

隼が復活!

隼がレギュレーター 交換で復活した。

さて、新品のレギュレーターを取り付けました。

そして、イグニションキーに鍵を差し込み、キーを回した所…
…エンジンはかかりませんでした(涙)

「レギュレーターではないのか」

と思ったのですが、ひとつ見落としがあったのです。それはレギュレーター付近にもう1箇所、ヒューズがあったのです。

これはレギュレーターの過充電を予防するためのリレーみたいなものですね。白いカバーみたいなのが被さっており、見落としていました。

で、そのヒューズを外して見た所、完全に切れていましたね。

もしや、と思い再度、純正のレギュレーターを取り付け、替えのヒューズを差し込むと「バチン」と火花を散らし、ヒューズが切れました。

これは完全に純正レギュレーターの故障(パンク)ですね。

ヒューズが切れるということは、過剰に電流が流れている証拠です。レギュレーターのパンクを意味しています。

そこで、新品のレギュレーターをつけなおし、ヒューズも新しいのに変えてみました。すると今度はヒューズが飛びません。

期待を胸にキーをイグニションキーに差し込み、そして回してみました。

すると…。

隼のメーターアクションが起こり、「キュイーン」という音、たぶん燃料ポンプであろう音がしました。

そこで、キーを回すると見事にエンジンがかかりました。

隼が新品レギュレーター交換で復活した。

しばらくアイドリングしてみましたが、焦げた匂いとか焼けているような様子はありません。

多分ですが、隼の復活です。

一応、まだアイドリングだけしかしていないので、完全復活かどうかは定かではないのですが、でも、たぶん大丈夫でしょう(念の為、少しテスト走行しようと思います)。

私の失態をはなそう

隼の復活までにちょっと時間がかかりましたけど、でも復活できてよかったです。

まだ、2年弱しか乗っていない隼なのですが、九州ツーリングやモトブログなど、新しいことを始めるきっかけになったバイクなので、何かと思い出がたくさんあります。隼は、まだまだ乗っていたいバイクだと個人的に思います。

さて、今回、使った費用はけっこうな金額になりました。

  • 新品バッテリー(約 20,000円)
  • 新品レギュレーター(約 15,000円)
  • ヒューズ類(約 1,200円)

この他にも、実は中古のイグナイター(ECU)や中古のイグニションキーセット、アングルセンサーを購入していました。

それらの費用も合わすとざっと、65,000円になります。

ええ、タイプミスではありません。「ろくまんごせんえん」なのです。

なぜ、こうも出費が重なったのか。

その原因は何を隠そう「私」にあります。

もし、テスターかなんかを使って、バッテリーを調べていたら、おそらくバッテリーは購入しなかったでしょう。

さらに、他の中古パーツもたぶん、購入は見送ってましたね。

完全な凡ミスです。

ヘタな思いこみとテスターを使用しなかったことと、そして見落としにより、多くの出費をしてしまいました。

ホント、反省しなくてはいけません。

とはいえ、中古パーツはストックすることができますし、いい勉強にもなりましたし、隼への愛着もより一層わきましたので良しとしましょう(笑)

ただ、今後はこのようなことがないようテスターを揃えておきました。
アナログのテスターですが、自分でメンテナンスするだけなら十分なものです。

念の為、このテスターでバッテリーと新品レギュレーターを診断しましたら正常値(約14V)をさしていました。テスター、なかなか使えます(苦笑)。

隼が復活できたので、今後もこのブログとモトブログがつづけられそうです。
マジで嬉しい。

というわけで今後ともよろしくお願いします。

SPONSORED LINK