隼のブレーキはなぜ弱いのか。隼のブレーキをカスタムして効きを強くした方法

隼のブレーキを社外パッドでチューニング

隼に乗ったことがある人、または隼を所有している人は、隼のブレーキが弱いと感じたことがあるのではないだろうか。ネットでもたまに、隼のブレーキについて酷評を見ることがある…。

なぜ、隼は、車体がでかいバイクなのにブレーキが弱いのだろうか。また、パワフルでスピーディーなバイクなのに、ブレーキが効かないのだろうか。

今回は、そんな隼のブレーキについて持論を語っていく。

隼のブレーキシステムはいったいどんな仕組み?

隼のブレーキシステムは、前期と後期とで違う作りになっている。

もう少し具体的にいうと、1999年から2007年の前期型隼と208年から2012年までの後期型の隼は、ブレーキシステムが「トキコ製」だ。この時代のトキコ製のブレーキシステムにはABSはついていない。

一方、2013年以降の隼にはブレーキシステムにブレンボが採用されている。このブレンボは通称「スズンボ」と呼ばれているもので、本物のブレンボほど効き目はない。

まぁ、私自身、レースで採用されているブレンボと比較したことがないので何ともいえないのだが、後期型の隼を所有している人も同じように言っているんで間違いと思う。なお、このスズンボならぬブレンボはABS付である。

このように隼には、トキコ製とスズンボとの両方のブレーキシステムがあるというわけだ。

SPONSORED LINK

隼のブレーキの効き具合は?

隼のブレーキの効き具合はというと、正直、効き目は弱い。これは、前期型の隼に限らず後期型でもそうらしい。車体が大きいからブレーキした時に車体が流れるって可能性を加味しても、やはり効き目は弱いようだ。

しかし、よく考えてみたら、隼のブレーキの効きの弱さは、別にネガティブな弱さではないと思う。というのは、隼のように車体が重く、しかもパワフルでスピーディーなバイクだと、ブレーキの効きが強いと逆に危ない気がする。

例えば、隼のような大型バイクで、時速150キロを出していたとして、ブレーキする際に急にガツンとくるようなブレーキだと、フロントが持ってかれるか、リアがスライドしてコケてしまうのどちらかになる。逆に、ブレーキがゆっくりとジワジワ効いてくる感じだと、コケる心配はないんじゃないかな。

つまり、隼のブレーキシステムが弱いのは、おそらく、隼がコケるのを防ぐためにわざとそうしたのではないかと思うのだ。だから、別にブレーキが弱いからダメなバイクという風に考えるんではなく、逆に安全性のためにブレーキを弱くしている可能性があるということ。

とはいえ、隼は日本屈指のメガスポーツバイクだ。ブレーキの効きは普通のバイクと比べても断然強い。隼でスピードがのった場合でも、普通に停まれるくらいの効きは十分にあるので、その辺は誤解のないようにしてほしい。

隼のブレーキの効きをよくする方法

隼のブレーキの効きが弱いと書いたが、これから隼に乗ろうと思っている人、または最近所有した隼オーナーは少し不安になっているかもしれない(笑)。でも、大丈夫。隼のブレーキの弱さを解消したいなら、カスタムしてしまえばいいのだ。

そのカスタムには、どんな方法があるのだろうか。

それは、以下の3つがある。

純正ブレーキパッドをスポーツパッドに交換

1つは、純正のブレーキパッドをスポーツパッドにすることだ

これは、私自身もやっているカスタムなんだけど、とてもいいブレーキフィーリングを得ることができる。純正のパッドをスポーツパッドに変えるだけの簡単カスタムなんだけど、効き目が格段に変わるというわけだ。

中でも、ゴールデンパッドはおすすめだ。隼にとても合っている気がする。

隼のフロントブレーキ

デイトナ(Daytona) ゴールデンパッドχ GSX1400(01~08)<WF>、GSX1300Rハヤブサ(99~07)<WF>、ZRX1200R(01~08)<WF>、GPZ900R(99~03)<WF>等 97170

隼のリアブレーキ

DAYTONA(デイトナ) ゴールデンパッドχ GSX1300Rハヤブサ(99~07)<R>、GSX-R750(96~03)<R>、バンディット400(89~99)<R>、、ZRX1200 DAEG(09~16)<R>等 97149

このブレーキパッドは、純正のブレーキパッドよりも効き目が格段に上がる。且つ、コントロール性もいい。隼の運転がより安心してできるようになる。

なお、今回の記事を読んで、もしブレーキパッドを交換したいと思うなら、フロントと共にリアも変えることをお勧めする。理由は、ブレーキのバランスを保つために必要だからだ。ブレーキのバランスが崩れると、運転しづらいだけじゃなくコントロール性も悪くなるので、ブレーキパッドは前後同時に交換するようにしよう。

キャリパーを移植する

2つ目の方法は、ブレンボを移植することだ

実は、隼の後期型についているブレンボのブレーキシステムをとあるパーツを付属することで完全に移植することができる。そのとあるパーツとは「キャリパーサポート」のことをいう。

アクティブ(ACTIVE) フロントキャリパーサポート/シルバー brembo 65mm4PAD&φスタンダードローター対応 【CB1300SF(’98-’00)/GSX1300R隼(’99-’07)/ZRX1200R(’01-’08)】 1470012S

アクティブ(ACTIVE) リアキャリパーサポート/シルバー brembo 2POT&スタンダードローター対応 【GSX1300R隼(’99-’07)】 1470059S

このパーツを使えば、加工なしでブレンボを移植することが可能だ。なお、ブレンボは後期型隼(2013年以降)に標準でついているものが無理なく適合するのでおすすめだ。

まとめ

以上、隼のブレーキについての持論を述べた。

手軽に隼のブレーキの効きをよくしたいなら、スポーツパッドに変える方がいいだろう。予算に余裕があるなら、キャリパーサポートを装着してブレンボなんかつけるとさらに効き目がよくなると思う。

個人的には、純正キャリパーでパッドだけの交換がバランスがいい気がする。

なお、今回の記事の内容を以下の動画でも語っているので、よかったらご視聴をば。