隼のバッテリー交換

ども、RYUKYU RIDERです。

バイクのバッテリー交換は、オイル交換と同様、とても重要なメンテナンスです。

定期的にバッテリー交換を行わなければ、エンジンのかかりが悪くなりますし、下手したらツーリング先でエンジンがかからなくなるかもしれません。

そうならないためにもバッテリー交換は定期的に行いましょう。

最近では、スマホの充電やETCなど、何かと電気を使うアクセサリーを取り付けているバイクも多いです。なので、バッテリーの消耗は激しいと思います。

バッテリーがつかえなくなる前に、是非とも交換のメンテナンスはしっかりとやっておきましょう。

なお、今回は隼のバッテリーの交換の手順を書いていきます。バイクは隼ですが、バッテリー交換は他のバイクとも共通ですので、隼乗りじゃない人もよかったら最後まで読んでください。

隼のバッテリー交換手順

隼のバッテリーはシートの下にあります。なので、シートを取り外してバッテリーを交換する必要があります。

隼のバッテリー交換手順は以下の通りです。

  1. シートを外す
  2. バッテリーのマイナス端子(進行方向に向かって右側)をとる
  3. バッテリーのプラス端子(進行方向に向かって左側)をとる
  4. 古いバッテリーを取り除き新しいバッテリーと交換する
  5. バッテリーにプラス端子から取り付ける
  6. マイナス端子を取り付ける
  7. シートを戻す

以上が隼のバッテリー交換手順です。

手順が多いので少々、面倒くさい作業のように見えますが、作業時間は本の10分程度。とても簡単な作業なのでバイク整備初心者の方でも難なくできます。

ポイントは、バッテリー端子を外すときは「マイナス→プラス」ですが取り付けるときは「プラス→マイナス」という順です。この辺はしっかりと守っておきましょう。

ちなみに、隼の場合、バッテリーを上に持ち上げて取りますが、バイクによってはサイドカバーを外し、サイドから交換するのもあります。

以前、ぼくが乗っていたV-ROD(ハーレーダビットソン)というバイクがそのような構造だったので交換にかなり時間がかかりましたが、時間をかけてゆっくりとすれば必ずできますので、問題ありません。

隼のバッテリー品番はこちら

今回、交換した隼のバッテリーの品番は以下の通りです。

→ YT12A-BS(品番:33610-02F01)

バッテリーには純正品から社外品、そして海外品などいろいろあります。それぞれ値段が違うのですが、やはり海外製品はお安いようです。

違いは値段だけじゃありません。

実は値段の差はバッテリーが検品されているかどうか、です。

つまり、正規の値段(純正品)で販売されているものは日本国で検品をしております。

一方、海外品のバッテリーはその検品が短縮されているのです。ま、昨今のバッテリーにはそんなに粗悪なものはないのですが、しかし、ぼくは値段が高くとも検品されたバッテリーを選ぶようにしています。気持ちの問題です(笑)

海外品の中でも台湾製のバッテリー(YUASA製)は安いし、品質はいいと思いますが、やはり日本人がおこなった検品は安心というか、安全というか、そんな風に思っているので、見えない保険を担保している感じで正規品(純正品)のバッテリーを選んでいます。

バッテリーの電圧が弱いと感じたら

新品のバッテリーを交換しても電圧が弱いと感じたら、ご自分で検査するといいです。

検査方法は簡単です。以下のような電圧機をつかえば簡単に検査できます。

オーム電機(Ohm Electric) 普及型デジタルテスター TST-KJ830

わずか10秒で計測できるので、とても便利です。

バッテリーの交換頻度

さいごに、バッテリーの交換頻度について少しだけ語ります。

バッテリーの交換頻度はぼくの場合、2年に1回は交換しています。たとえ、バッテリーが使えていてもそのその頻度で交換するようにしております。

理由は、バッテリーもやはり消耗品だからです。

バッテリーも一応は3年くらい使えたりします。それは充電などして騙し騙し使うわけですが、しかし、それではバイクでツーリングして楽しむどころではないですよね。

やはり、バイクでのツーリングは何も心配せずに、楽しみたいわけですから、「帰りエンジンかかるかなぁ」なんて思いながらツーリングはしたくないわけで。ですので、2年に1回の頻度でバッテリー交換しております。

ま、これはバイクの乗り方にもよるかもしれませんので、参考程度にしておいてください。

なお、今回の記事は動画でも収録しております。

よかったら以下からどうぞ。

というわけで、今回は以上です。

作成者: RYUKYU RIDER

2017年からGSX1300R 隼(’07)乗りになり、それを機にブログをはじめる。バイクがある日常のこと、愉しみ方を発信している。