大型バイクのメンテナンススタンドにスイングアームリフトスタンドは可能か?

GSX1300R隼

こんにちは、RYUKYU RIDERです。

GSX1300R隼にはセンタースタンドがついておりません。

厳密にいえば、超初期型の隼にはオプションでついていたようですが、僕の隼は2007年式なのでセンタースタンドがついておりません。ですので、タイヤを持ち上げるには、何かしら外付けのメンテナンススタンドが必要です。

そこで隼のメンテナンススタンドを物色していましたら「スイングアームリフトスタンド」たる商品を発見しました。

このスイングアームリフトスタンド、見た目はコンパクトで軽量なのですが、なんでも大型バイクの隼でも持ち上げることができるといいます。

僕はスイングアームリフトスタンドに興味をもったので即購入しました。

そんなわけで今回は、実際に大型バイクである隼にスイングアームリフトスタンドを使った感想とレビューをしたいと思います。

大型バイクに使えるメンテナンススタンド「スイングアームリフトスタンド」とは何か

スイングアームリフトスタンドとは、UNIT(ユニット)が出しているバイク用のメンテナンススタンドです。軽量かつコンパクトでありながら、大型バイクでも持ちあげることができるメンテナンススタンドです。

スイングアームリフトスタンドのスペックは以下の通りです。

重さ767g
折り畳みサイズ奥行 70 × 幅 95 × 高さ 220 (mm)
高さ30mm~380mmまで対応
耐荷重250kgまで対応

このスイングアームリフトスタンドは、バイクを持ち上げておこなう作業に最適です。

例えば、ホイール清掃やチェーンのメンテナンス、オイル交換などです。

しかも、使用後には折りたたんでコンパクトに収納できるから持ち運びにも良さそうですね。

スイングアームリフトスタンドはコンパクトに折りたたむことができる。
UNIT(ユニット) スイングアームリフトスタンド UN-C5025

スイングアームリフトスタンドの使い方

スイングアームリフトスタンドの使い方はバイクのスイングアームにスイングアームリフトスタンドをアームをひっかけて、もう一方のアームに手をかけて下へ押し下げます。

スイングアームリフトスタンドの使い方はとても簡単です。

まず、バイクのスイングアームにスイングアームリフトスタンドをアームをひっかけます。あとはもう一方のアームに手をかけて、下へ押し下げます。するとテコの原理でバイクが持ち上がります。

商品名がそのままですので、スイングアームをリフトするメンテナンススタンドと覚えればいいですね。

GSX1300R隼にスイングアームリフトスタンドを使ってみた【大型バイク】

実際に僕のバイクであるGSX1300R隼に使用してみました。
そのときの画像が以下の通りです。

GSX1300R隼にスイングアームリフトスタンドを使ってみました。
GSX1300R隼にスイングアームリフトスタンドを使用。多少力入りますが、難なく隼を持ち上げることができました。

隼のスイングアームにスイングアームリフトスタンドを引っ掛けて、もう一つのアームをおもいっきり下に押すと、なんとあの260kg以上もある隼が難なくリフトアップできました。

スイングアームリフトスタンド、本当に大型バイクでも使えるメンテナンススタンドです。

まとめ

今回は、スイングアームリフトスタンドのレビュー記事でした。

スイングアームリフトスタンドは小さなメンテナンススタンドですが、なかなか頼りになります。これで隼のホイール清掃やチェーン清掃がより一層、楽になりました。

スイングアームリフトスタンドは、たたむとコンパクトになるので持ち運びにも楽ですし、ツーリング先でも使えそうです。

価格も3千円ちょいなのでコスパ最強です。

バイク乗りにお勧めしたいアイテムですね。

スイングアームリフトスタンド

さて、今回の記事を動画でも収録しております。
よかったらご視聴をば。