大型バイクを持ちあげる!お手軽メンテナンススタンドを紹介【便利アイテム】

隼にはセンタースタンドがついておりません。

厳密にいえば、超初期型の隼にはオプションでついていたようですが、僕の隼は2007年式なのでセンタースタンドがついておりません。ですので、タイヤを持ち上げるには、何かしら外部のメンテナンススタンドが必要です。

よくあるメンテナンススタンドは以下のようなものです。

これはとても便利ですし、いいとは思うのですが。しかし、持ち運びができる大きさではありませんよね。できればツーリング中にも持っていけるメンテナンススタンドがほしいと思っています。

そんな中、お手軽で小さく、しかも使い勝手もいいメンテナンススタンドを見つけました。

そんなわけで今回は、大型バイクの隼にも使えるメンテナンススタンドを紹介したいと思います。

お手軽なメンテナンススタンドを紹介

見つけたメンテナンススタンドはこれです。

名前を「スイングアームリフトスタンド」といいます。

このスイングアームリフトスタンドは、リアスイングアームに引っ掛けて、テコの原理で持ち上げるメンテナンススタンドです。

テコの原理を使うわけですから、一人でもバイクを持ち上げることが可能です。まぁ、慣れるまでは二人掛かりで試した方がいいかもしれませんが、でも慣れたら一人でも十分にできます。

なお、スイングアームリフトスタンドはコンパクトに折りたたむことができますので、持ち運びにも便利です。リュックに入る大きさですし、重さも軽いので女性でも楽に持ち運べます。

メンテナンススタンドの使用に注意すべきこと!

スイングアームリフトスタンドに限らずですが、メンテナンススタンドを使うときは、必ずフロントブレーキを効かせておきましょう。

理由は、リフトで持ち上げる際、バイクが前に進んでしまい転倒の恐れがあるからです。仮に転倒しなくても、フロント側が動いてしまってはうまく持ち上げることができません。ですので、バイクをリフトするなら、フロントブレーキは効かせておきましょう。

フロントブレーキを効かせるときは、太い輪ゴムなんかでブレーキレバーとアクセルを挟むのもいいのですが、僕のおすすめは以下のアイテムです。

これ、ホントいいですよ。

個人的には、輪ゴムだと切れてしまうかもしれないという不安があります。しかし、DAYTONA(デイトナ) のフロントブレーキロックなら、そんな心配は無用です。

頑丈なプラスチックで作られていますので、破損することなく安心して使えます。

大型バイクの隼(GSX1300R)にも使えたメンテナンススタンド

このスイングアームリフトスタンドはホント凄いです。
見た目小さいですが、なんと重量が260kgもある隼を楽々と持ち上げることができました。

論より証拠。

以下の動画ではスイングアームリフトスタンドを使って隼を持ち上げております。ぜひ、確認してみてください。

まとめ

個人的には一般的に使われているメンテナンススタンドの方が確実だし、いいと思います。

しかし、ツーリングや旅に持っていける道具という意味では、今回紹介したメンテナンススタンド「スイングアームリフトスタンド」は最適ではないでしょうか。

ツーリング先や旅先でチェンシコするのにもってこいですし、リアブレーキの引きずり確認にも使えるでしょう。価格も安いのでホントお勧めのアイテムです。