バイク隼にスイングアームリフトスタンド

大型バイクに使えるお手軽メンテナンススタンドを紹介

ども、RYUKYU RIDERです。

GSX1300R隼にはセンタースタンドがついておりません。

厳密にいえば、超初期型の隼にはオプションでついていたようですが、僕の隼は2007年式なのでセンタースタンドがついておりません。ですので、タイヤを持ち上げるには、何かしら外付けのメンテナンススタンドが必要です。

そこで隼のメンテナンススタンドを物色していましたら「スイングアームリフトスタンド」たる商品を発見しました。このスイングアームリフトスタンド、見た目はコンパクトで軽量なのですが、なんでも大型バイクの隼でも持ち上げることができるといいます。

僕はスイングアームリフトスタンドに興味をもったので即購入しました。

そんなわけで今回はスイングアームリフトスタンドのレビューをしたいと思います。
実際に大型バイクである隼につかってみたので、記事にしてまとめようというわけです。

バイクに使える「スイングアームリフトスタンド」とは何か

バイクに使える「スイングアームリフトスタンド」とは何か
片手で簡単にバイクをリフトアップ

スイングアームリフトスタンドとはUNIT(ユニット)が出しているバイク用のメンテナンススタンドです。軽量かつコンパクトでありながら、その機能は凄い。

テコの原理を利用して片手でも簡単にバイクを持ち上げることができます。しかも大型バイクも難なく持ち上げることができるのです。

スイングアームリフトスタンドのスペックは以下の通りです。

重さ767g
折り畳みサイズ奥行 70 × 幅 95 × 高さ 220 (mm)
高さ30mm~380mmまで対応
耐荷重250kgまで対応

このスイングアームリフトスタンドはホイール清掃やチェーンのメンテナンスなどに最適です。しかも使用後には折りたたんでコンパクトに収納できるから使い勝手も良さそうです。

スイングアームリフトスタンドはコンパクトに折りたたむことができる。
スイングアームリフトスタンドを折りたたんだ状態

僕がスイングアームリフトスタンドのスペックで注目している箇所はおもに2つです。高さの範囲が広いため様々なバイクに使用できるということと、そして、もうひとつが耐荷重が250kgまで対応できるということ。これって余裕で大型バイクも対応できるということですよね。いや本当に凄いメンテナンススタンドです。

UNIT(ユニット) スイングアームリフトスタンド UN-C5025

スイングアームリフトスタンドの使い方

スイングアームリフトスタンドの使い方はバイクのスイングアームにスイングアームリフトスタンドをアームをひっかけて、もう一方のアームに手をかけて下へ押し下げます。

スイングアームリフトスタンドの使い方はとても簡単です。

まず、バイクのスイングアームにスイングアームリフトスタンドをアームをひっかけます。あとはもう一方のアームに手をかけて、下へ押し下げます。するとテコの原理でバイクが持ち上がります。

商品名がそのままですので、スイングアームをリフトするメンテナンススタンドと覚えればいいですね(笑)。

スイングアームリフトスタンドを使う際に注意すること【転倒防止】

デイトナ バイク用 フロントブレーキロック

スイングアームリフトスタンドはとても簡単なメンテナンススタンドですが、念のため転倒防止しないための方法も書いておきますね。

まず、バイオクが転倒する主な原因はなんと言ってもバイクが流れることです。バイクをリフトアップしようとすると、その拍子にバイクが前方へ流れようとします。バイクをリフトアップする際、前方に流れるのを防げば転倒防止になります。

で、お勧めな方法がバイクをリフトアップする時にフロントブレーキを使うということです。そうすれば、バイクが常にロックがかかっている状態になるので、リフトアップ際にバイクが流れるのを防ぐことができます。

普通は輪ゴムやチューブなどでアクセルとフロントブレーキレバーを挟んでする方法が一般的なのですが、僕がお勧めしたいのが「デイトナ バイク用 フロントブレーキロック」というアイテムです。

デイトナ バイク用 フロントブレーキロック

これ小さいアイテムですが、確実にフロントブレーキをロックしてくれます。

輪ゴムやチューブだと伸びてしまう可能性もあるので、信頼は薄いですが、デイトナのバイク用フロントブレーキロックなら分厚い樹脂でできているため確実です。

というわけでスイングアームリフトスタンドを使う際は、バイク転倒防止のためにフロントブレーキをロックから使うようにしましょう。

GSX1300R隼にスイングアームリフトスタンドを使ってみた【大型バイク】

実際に僕のバイクであるGSX1300R隼に使用してみました。
そのときの画像が以下の通りです。

GSX1300R隼にスイングアームリフトスタンドを使ってみました。
GSX1300R隼にスイングアームリフトスタンドを使用。多少力入りますが、難なく隼を持ち上げることができました。

隼のスイングアームにスイングアームリフトスタンドを引っ掛けて、もう一つのアームをおもいっきり下に押すと、なんとあの260kg以上もある隼が難なくリフトアップできました。スイングアームリフトスタンド、本当に使えるアイテムです。

まとめ:小さくても頼りになるスイングアームリフトスタンド【動画あり】

今回は、スイングアームリフトスタンドのレビュー記事でした。

スイングアームリフトスタンドは小さなアイテムですが、なかなか頼りになるメンテナンススタンドです。これで隼のホイール清掃やチェーン清掃が楽になります。

今までは、ホイールローラーを使っていましたが、スイングアームリフトスタンドを使ってからはもうもう使うことはないかもしれません。しかもスイングアームリフトスタンドは、コンパクトになるので持ち運びにもいいですし、ツーリング先でも使えそうです。

価格も3千円ほどというのもコスパ最強です。
バイク乗りにぜひ、お勧めしたいアイテムですね。

スイングアームリフトスタンド

さて、今回の記事を動画でも収録しております。
よかったらご視聴を。