燃料タンクの水抜き穴をメンテナンスする方法【知らなきゃ損】

バイクの燃料タンクには「水抜き穴」があるのをご存知でしょうか?

実は僕、見落としていました。
しかし、先日アップした「鍵穴のメンテナンス方法」をやっている最中に気づいたのです。

というわけで燃料タンクにある水抜き穴のメンテナンスを行いました。
今回はそんな話です。

燃料タンクの水抜き穴って何に役立つの?

隼の燃料タンク

バイクの燃料タンクには水抜き穴があります。

なぜ、燃料タンクに水抜き穴があるかといえば、単純な話です。

「 燃料タンク内への水の侵入を防止するため! 」

これに尽きます。

バイクの燃料タンクの口は大抵、上向きです。
これはガソリンを入れやすいように上向きで作られています。

ガソリンを入れるには便利な構造ですが、しかしガソリン以外のもの、例えば上から降ってくる雨水や洗車時の水には向いていない構造です。

それに、燃料タンクの蓋って完全な防水ではありません。
ですので、もしも、大量の雨が降った場合(ゲリラ豪雨など)は燃料タンク内に水が入ってくる可能性があります。

その水の侵入を防ぐのが何をかくそう「水抜き穴」なのです。

つまり「水抜き穴」は、燃料タンクへのに水を防ぐために、水抜き穴を通して外に排出する役割があるということです。

水抜き穴のノーメンテナンスは錆びている可能性も!

燃料タンクの水抜き穴

そんな素敵な役割のある水抜き穴ですが、メンテナンスしている人ってあまりいないのではないでしょうか。

そう、水抜き穴って案外、見落としがちな部分。
かくいう僕も見落としていましたし(汗)

さて、そんな見落としがちな水抜き穴ですが、ノーメンテナンスであればどうなると思いますか。

おそらく、というか十中八九、錆びていると思います。

だって、水が抜ける場所なんだから、今までノーメンテナンスであれば絶対に錆びています。

たまに、

「燃料タンクに穴があいてガソリン漏れちゃった…」

なんていう人いますけど、あれって大抵、水抜き穴もひとつの原因だといいます。そんな風にならないためにも、日頃から燃料タンクの水抜き穴はメンテナンスしてた方がいいですよね。

燃料タンクの水抜き穴をメンテナンスする方法

さて、ここからは燃料タンクの水抜き穴のメンテナンス方法を紹介していきます。

水抜き穴のメンテナンス 方法はとても簡単です。

水抜き穴に最適なケミカルを紹介

必要なものはサビ防止のケミカルだけです。
そのケミカルを吹き付けるだけで水抜き穴のサビは防止できます。

僕が水抜き穴のメンテナンスでつかっているケミカルはこれ「フッソオイル105」です。

ワコーズ FSO フッソオイル105 超潤滑・多目的スプレー 110g A105 [HTRC2.1]

「ラスペネとかKure556ではダメなの?」

と思うかもしれませんが、ダメではありません。
しかし、それらの潤滑油よりも、フッソオイル105がいい理由があります。

それは、潤滑油の性質です。

例えば、ラスペネやKure556は、その性質がベトベトしています。指に吹きかけてみたらわかると思いますが、長時間ベトベトしているのです。これって錆防止になりますが、汚れがつきやすいという性質をもっております。

一方、フッソオイル105の性質は違います。

これはベトベトしないケミカルなのです。他の潤滑油と同じようにサビ防止にもなるのはもちろんですが、その性質上、ベトベトしてませんので汚れが付着しにくい特徴があります。

なので僕は、手の行きとどかない箇所にはフッソオイル105をつかっています。それ以外の箇所にはラスペネを使いますね。

まぁ、ちょっと気にしすぎかもしれませんが(笑)

水抜き穴のメンテナンスのやり方

それでは水抜き穴メンテナンスの手順です。
以下その手順です。

  1. 燃料タンクの蓋を外す
  2. ケミカル(フッソオイル105)を吹き付ける

まず、燃料タンクの蓋を外します。

すると、水抜き穴がすぐ見えるので、そこに先ほど紹介したケミカル「フッソオイル105」を吹きつけます(隼の場合、水抜き穴が2箇所ありました)。

手順はこれだけです。

なんとも簡単なメンテナンスですよね。

動画でも水抜き穴のメンテナンス 方法を解説

今回の内容を動画でも解説しております。
記事の内容が分かりにくかったら、ぜひ、動画の方もご覧ください。

今回は以上です。